2019年03月22日

【BSP再放送・昨日の「べっぴんさん」・20190321・第143話】明美は家を建てることを決意し、栄輔と「事実婚」に!・・・「たけちゃん」が「キアリス」の社長とは、感慨深いねえ・・・

お待たせしました。

昨日の「べっぴんさん」について、
私が当ブログに記載した過去記事を
抜粋してお届けして参ります。

遅れてしまいました。

この後、順次、今日の「べっぴんさん」
まで更新して参ります。

では、2年前の記事、どうぞご覧
下さいませ! ↓

**********************************

【今日の「べっぴんさん」・20170323・第143話】明美は家を建てることを決意し、栄輔と「事実婚」に!・・・「たけちゃん」が「キアリス」の社長とは、感慨深いねえ・・・


内輪の慰労会を終えたすみれたち。

紀夫は、社員一同の前で「キアリス」
の創業メンバー4人と、紀夫自身が
今期限りで退職することを発表しま
した。

そして、後任の代表取締役には、
なんと、「たけちゃん」が就任
することに!

・・・確かに、もう、適任なのは武
しかいないとも言えますが、そう
かあ、「たけちゃん」が社長かあ・・・。

感慨深いねえ、これは。

15歳で雑用から「キアリス」で
働き始めたわけですからねえ。

立身出世物語ですよ、これは。

大急の大島会長にも紀夫は社長
交代の挨拶へ行きました。

挨拶が終わると、大急の「メンズ・
オライオン」に行った一同。

すみれたちが退職する一方で、
ゆりは再び働き始めているという・・・。

分からないものですよ、人生は。

潔は栄輔とグラスを交わしながら、
自宅で「うちの会社にけえへんか」
と改めて誘います。

ですが、栄輔は「エイス」をつぶして
しまった責任から逃れられないと感じ、
やはり断り、ファッション関係の執筆
や講演で食べていく決意をした旨、
潔に話しました。

すると、潔、「肩書きが必要や。元
エイスの社長ではなくて・・・ファッション
評論家はどうや?」と提案。

栄輔は「ファッション評論家」として
第2の人生を歩むことになりました。

栄輔は潔に「こうしてまた兄貴と酒が
飲める日が来るなんて・・・兄貴のおかげ
で今がある」と感謝。

潔、「ここまでいろいろあったな。これ
からも楽しく生きようや」

若き日の栄輔が潔の元を突然去った
日のことを思い出しましたよ。

いいシーンでしたね。

その栄輔は、翌日、「レリビィ」に
明美を訪ねます。

栄輔は明美が退職することを聞き、
今後どうするのか聞きました。

明美、「好きなことして生きていく」

栄輔、「ワシはなんとか食べていけ
そうなんや、講演や原稿の仕事で。
・・・前に言うてたな、家族を作りた
ないって?」

明美、「どうしたん? 唐突にそない
なこと?」

栄輔、「ワシもその気持ち、よう分かる
んや。戦地から帰ってきて、家族は皆
のうなってな。正直、まだつらい。
せやけど、死ぬときに一人いうのも
さみしいと思わへんか?」

明美、「そやね」

栄輔、「それやったら、一緒に住んだら
どうやろ?」

明美、「あんたと?」

栄輔、「そや。もし、一緒になって、
嫌になったら、出てっても構わへん。
一緒に住まへんか?」

明美、「それやったら、家建てるわ。
何十年も一人で住んできたんやで。
ためたお金も、死んだらあの世には
持っていかれへん。何に使うか、
考えてたんや。自分のために建てる
のもどうかと思うてた。だれかと
一緒に住めるのなら・・・。なんか、
ウキウキしてきたわ」

栄輔、「かわいらしいな」

・・・明美はあっという間に荷造りを
済ませ、長年住んだ「あさや」の
二階から出ていくことに。

つづく・・・。

うーん、これは、「事実婚」ですな。

明美が結婚をしたくないことは栄輔
も重々承知していた。

でも、栄輔は放っておけなかったん
でしょう、明美を。

自分も一人身だったしね。

これはこれで良かったんじゃない
ですか。

明美のことを最大限配慮しての
「事実婚」ですからね。

しかし、意外な形となりました。

明美がこうして栄輔と一緒に住む
ことになるというのは。

しかも、明美が家を建てるという
のですから・・・。

「新しい形」を見せつけましたね、
最後の最後に。

いい一話となりましたよ。

**********************************

以上です!

ちなみに、オリジナル記事は、当ブログ
の中にあります。

リンクを貼っておきますので、興味の
ある方は、ご覧下さいませ。

(コチラです。↓)

・【今日の「べっぴんさん」・20170323・第143話】明美は家を建てることを決意し、栄輔と「事実婚」に!・・・「たけちゃん」が「キアリス」の社長とは、感慨深いねえ・・・

http://arayama-asadora.seesaa.net/article/448297559.html

次回もお楽しみに!



*「事実婚」についての一冊です。↓





posted by あらやまはじめ at 14:44| 神奈川 ☁| Comment(0) | 谷村美月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする




「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ
にほんブログ村