2016年08月24日

【今日の「とと姉ちゃん」・20160824・第123話】美子が南大昭より求婚されるシーンは、きちんと映してほしかったなあ・・・「おすすめできるトースターはありません」との結論がでましたが、さて・・・

昨夜、当ブログでも【速報】で
お伝えした高畑裕太容疑者ですが、
今日のニュースを見ていたら、
予想以上に刑が重くなりそうですね。

7年前後の実刑判決になるであろうと
・・・。

取り返しのつかないことをして
しまいましたよ、本当に。

続報があれば、また取り上げたいと
思います。

さて、今日の「とと姉ちゃん」ですが、
放送の冒頭、星野の働く会社が初めて
映し出されましたね。

「光和医薬品社」ですか。

日めくりカレンダーも映され、そこ
には、「昭和31年5月10日(木)」と
書いてありました。

木曜ということは、星野が会議を
外せず、常子が星野の子どもの
世話をする日ということです。

ちなみに、その日、花山が原稿を
書き終え、常子がチェックをして
いました。

常子は花山に「素晴らしいです」と
言いつつも、「いくつかのメーカーを
名指しで辛辣に批判している」点を
懸念しました。

しかし、花山は「そのまま出してくれ」
と。

「あなたの暮し」に載ったその特集
ですが、誌面を見る限りでは「おすすめ
できるトースターはありません」と結論
づけています。

これが、どのような反響を巻き起こす
のか、今後が気になります。

常子は、仕事を済ませて、星野家へ
急ぎました。

玄関のブザーを押すと、青葉ちゃんが
常子に抱きついてきました。

母親に一番甘えたい年頃ですからねえ。

しかし、にんじんが嫌いな青葉ちゃん
は夕食をほとんど残してしまいました。

常子が偉いのは、ここで無理に食べさせ
ようとせず、じゃがいもと一緒に擦り
つぶして、コロッケを作ったということ
ですよ。

ちょうど、青葉ちゃんがコロッケを
食べている頃に星野も帰宅しましたが、
これは、男なら「グッと」来ますよ。

こういうことができる女性って、
もはや「絶滅危惧種」に近いん
じゃあないですか。

機転が利く上に、工夫もできる。

星野は常子と再婚すべきです。

私は断言したいね。

常子が星野家でコロッケを作り、
子どもたちの世話をしていた頃、
美子は南大昭とデートを楽しんで
いました。

南は美子を家まで送ります。

玄関に入ろうとする美子に南は・・・。

・・・ここで、画面は玄関に入った
美子に変わりました。

美子、神妙な顔つきです。

君子が気付くと、美子、慌てて、
「ただいま、戻りました」と。

美子は君子に何か言おうとしますが、
その時、常子が帰ってきました。

星野家でこれから2か月ほど、木曜
だけ子どもたちの世話をすることを
初めて君子と美子に告げました。

布団を敷いて、寝ようとする常子に
美子はついに口を開きました。

美子、「実はね・・・今日、大昭さん
から言われたの。結婚を考えてるって」

つづく・・・。

うーん、もったいない!

美子が南から求婚されるシーン、
なぜ、カットしたのだろう?

これは、きちんと映すべきでしょう。

いちばん、大事なシーンですよ、
男からすれば。

しかし、映さなかったというのには、
訳があるんでしょうね。

なんらかの。

美子は乗り気ではないのかもしれない。

・・・まあ、ちょっと、これは、少し
時間をおかないと分かりませんな。

「とと姉ちゃん」の展開も、いろいろと
慌ただしくなってきましたね。

美子の結婚話、常子と星野の関係性、
さらには、雑誌「あなたの暮し」が
トースター批判をして、そのままで
済むのかどうか。

今週の放送は残り3話です。

まだまだ、どんでん返しがありそうな
予感がしますね、私は。




*高畑充希ちゃんの「神楽坂」も
気になります。↓


posted by あらやまはじめ at 13:49| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 杉咲花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする




「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ
にほんブログ村