2018年07月15日

【BSP再放送・昨日の「マッサン」・20180714・第90話】鴨居の大将が、10万円の小切手を政春に・・・こういう経営者、今では絶滅してしまいましたね

お待たせしました。

今日の「マッサン」について、私が
当ブログに記載した過去記事を抜粋
してお届けしたいと思います。

鴨居の大将、やっぱり素晴らしいね。

では、3年半前の記事、どうぞご覧
下さいませ! ↓

**********************************

【今日のマッサン・20150117・第90話】鴨居の大将が、10万円の小切手を政春に・・・こういう経営者、今では絶滅してしまいましたね


今週最後の「マッサン」です。

エリーを連れて、政春は鴨居の大将に
話をしに行きます。

退職届。

「長い間、お世話になりました」

「いちばん厳しいときに、お前は鴨居
を捨てるのか」

厳しい会話が続きます。

「カネの算段はついたのか」

「いえ、まだ10万ほど足りません」

大将は、政春を諭すように言います。

「お前の理想は、山崎の工場で実現
できる」

しかし、政春は「自分の信じるウィスキー
を造るためには、大将の元を離れること」
と言って聞きません。

大将、「無理や、お前は経営者には
なれない。どのみち、お前は科学者や」

さらには、「従業員を食わせていくため、
わては何でもやるで」と。

「できます!」と政春。

「いや、でけへん」と大将。

そして、大将は続けます。

「ほな、何で頭下げてでも、10万円貸して
下さいと言えん? 土下座してでも頼まんと」

政春は、「いや、それは」と。

大将、「そんなこと言うとる場合か? 
会社のために、頭一つ下げられん。
経営者は従業員を食わせていかなあかん。
幸せにせなあかん。お前には、そこが
分かっとんのか?」

静かに土下座を始める政春。

大将は無言で、小切手を書いては、
政春に渡します。

「もってけ、10万円や」と。

政春、「必ず返します」

大将、「返す必要はない。お前の
退職金や」

・・・こういう経営者がいたんですねえ。

私は20年近くサラリーマン生活を
やってきましたが、こういう経営者は
見たことがありませんし、聞いたこと
もない。

今の日本では絶滅してしまった。

もっとも、昔の日本にもそんなに
たくさんいたとは思えませんが。

ちょっと、感心してしまいましたね。

男気があるというか、なんというか・・・。

今こういうことをすると、株主がどうこう
うるさいしねえ・・・。

世知辛い世の中になったものですよ。

さて、番組の最後、英一郎が政春と
エリーの元に挨拶に来ます。

立派になりましたよ、英一郎も。

これも、政春とエリーのおかげである
ことは、大将ですら思っていること
でしょう。

よかった、よかった・・・。

来週の予告。

政春とエリーは余市へ。

俊兄ぃも?

ほぉ。

それは、楽しみです。

来週のテーマは「人間至るところ
青山(せいざん)有り」。

勉強になります。

来週の放送も期待しましょう!

明日は、【今週のマッサン】、やり
ますよー。

**********************************

以上です!

ちなみに、オリジナル記事は、当ブログ
の中にあります。

リンクを貼っておきますので、興味の
ある方は、ご覧下さいませ。

(コチラです。↓)

・【今日のマッサン・20150117・第90話】鴨居の大将が、10万円の小切手を政春に・・・こういう経営者、今では絶滅してしまいましたね

http://arayama-asadora.seesaa.net/article/412497170.html

次回もお楽しみに!



*「鴨居の大将」のモデル、鳥井信治郎に
関する本、集めて見ました! ↓







[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

日本ウイスキーの誕生 [ 三鍋 昌春 ]
価格:2052円(税込、送料無料) (2018/7/15時点)




posted by あらやまはじめ at 11:19| 神奈川 ☀| Comment(0) | マッサン・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:





「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ
にほんブログ村