2018年07月09日

【BSP再放送・今日の「マッサン」・20180709・第85話】政春、工場長へ復帰も・・・会うは別れの始め?

お待たせしました。

今日の「マッサン」について、私が
当ブログに記載した過去記事を抜粋
してお届けしたいと思います。

予約投稿ですので、追記なしで
参ります。

では、3年半前の記事、どうぞご覧
下さいませ! ↓

**********************************

【今日のマッサン・20150112・第85話】政春、工場長へ復帰も・・・会うは別れの始め?


成人の日の今日、今週もマッサンが始まり
ました。

今週のテーマは「会うは別れの始め」です。

深い諺がよくテーマとなりますね。

さて、母・早苗が亡くなり、マッサンと
エリーは大阪へ戻る準備をします。

父との会話で「酒と向き合う」ことを、
政春は学びました。

久々登場の俊兄ぃからは「信念のある
おぼっちゃまがわしは好きでがんす」
と言われました。

エリーは、千加子から大きくなった
息子を紹介されました。

エリーが抱いた赤ん坊が、もう5歳に
なりました。

早いねえ。

いいシーンが続きました。

1930年(昭和5年)4月、政春は鴨居の
大将に報告に行きます。

ニシン漁の「熊さん」がすべてウィスキー
を買ってくれたことを伝えると、大将、
「おもろいなあ」と感心します。

政春は余市がウィスキー造りに適した
土地であることを確信し、「北海道に
もう一つ、工場を作ってつかんさい」
と大将に提案しますが、あえなく却下
されます。

それより、政春は大事なことを忘れて
いました。

「工場に戻して下さい」

大将は「お前の目指すウィスキーは
造れん」と言いますが、政春はそれも
納得済みだと。

大将は少し考えた末、「ほな、工場長に
復帰せい!」と告げます。

「工場長はマッサンでなければ、務ま
らない、ということを英一郎からも
聞いていた」と。

政春が工場に戻ると、英一郎を始め、
皆が歓迎してくれましたが・・・。

つづく。

ナレーションでは最後に「この工場長
への復帰が、政春に大きな試練を与える
ことになる」とありました。

やっぱり、「本物のウィスキーを造り
たい」という気持ちが勝ってくるん
じゃあないですかね。

今週は、ちょっと厳しい放送になりそう
です。

明日の放送を粛々と待つことにしましょう。

**********************************

以上です!

ちなみに、オリジナル記事は、当ブログ
の中にあります。

リンクを貼っておきますので、興味の
ある方は、ご覧下さいませ。

(コチラです。↓)

・【今日のマッサン・20150112・第85話】政春、工場長へ復帰も・・・会うは別れの始め?

http://arayama-asadora.seesaa.net/article/412219199.html

次回もお楽しみに!



*「会うは別れの始め」のTシャツです。↓




posted by あらやまはじめ at 08:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | 玉山鉄二 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:





「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ
にほんブログ村