2018年04月17日

【BSP再放送・今日の「マッサン」・20180417・第14話】キャサリンとの出会いはエリーにとって幸いですね・・・バッファロー吾郎Aさんの巡査役も、実に味わい深い

お待たせしました。

今日の「マッサン」について、
私が姉妹ブログに記載した過去
記事を抜粋してお届けしたいと
思います。

今日も予約投稿ですので、追記は
ございません。

では、3年半前の記事、どうぞ
ご覧下さいませ! ↓

**********************************

【今日のマッサン・20141014・第14話】キャサリンとの出会いはエリーにとって幸いですね・・・バッファロー吾郎Aさんの巡査役も、実に味わい深い


私の住む川崎市でも台風が通過し、今朝
は晴天となりました。

そんな晴れた空の元、今朝の「マッサン」
は非常に前向きな方向に進んだと思います
ね。

気分も晴れやかになりましたよ。

まずは、突然エリーの元に訪れた優子
から。

なんと、優子は夫婦茶碗を持ってきては、
「政春さんとの結婚はあきらめる。あんた
には負けたわ」と。

そして、「きついこと言うて、ごめんね」
とも。

しかし、本当にこれで終わるのかなあ。

まだ、もう少し様子をみないとね。

一方、政春のウイスキー作りがいよいよ
始まりました。

専務からは「計画書を出せ」と言われます
が、社長を始め、皆、暖かい目で見て
います。

実際に、ウイスキーを作る様子が伺えて、
個人的にも大変興味深い。

今後も、こういうシーンは増やしてほしい
ですね。

さて、エリーに戻ります。

なかなかご飯がうまく炊けません。

そこで、優子の元に伺っては、「ご飯の
炊き方、教えてください」と。

優子は「なんでそこまで教えなければ
ならないの?」と。

で、言った一言が「はじめちょろちょろ、
なかぱっぱ」。

おっしゃるとおりだね。

でも、これ、難しいですよ。

私個人の経験で言えば、アメリカに
留学していた時に、大学3年の頃から
独り暮らしを始めましたが、ご飯を
炊くのは大変でした。

炊飯器なんてなかったからねえ。

ご飯は、現地のカリフォルニア米で、
それほど日本の米との違いは当時は
感じませんでしたが、なべでご飯を
炊いて、何度も失敗した記憶があり
ます。

ましてや、大正時代であれば、ガス
じゃないわけですから、本当に大変
なはずですよ。

エリーには、がんばってほしいなあ。

「はじめちょろちょろ、なかぱっぱ」
と呪文のように唱えながら自宅に
戻るエリー。

と、玄関に巡査がいることに気付きました。

バッファロー吾郎Aさんが演じています。

すごく親しみやすい「昔のおまわりさん」
という感じでねえ、非常にいいですよ。

なんとも、味わい深い。

私の子供の頃は、まだああいうおまわり
さんは、結構身近にいました。

今は、おまわりさんも「警官」になって、
人情のかけらも感じられないような人が
増えましたがね。

すぐ取り締まるし、切符を切っては、
カネをふんだくるし。

時代とともに、「おまわりさん」も変わる
んだなあと改めて思いましたよ。

さて、巡査は「ここに住んでいるなら、
キャサリンさんに挨拶しないと」と言って
は、エリーを教会へ連れて行きます。

教会に入ると、ピアノを弾く「たねこ」
の姿が。

しかし、「たねこ」、音痴だねえ。

歌が終わると、拍手するエリー。

気付いた、たねこ。

エリーは「キャサリンさんに会いに来ま
した」と。

たねこ、「キャサリンさんは、私」。

どうやら、外国人の牧師さんと結婚
して、「たねこ」ではおかしい、と
いうことで、キャサリンとなったそう
です。

そのキャサリン、エリーに「ご主人、
奥さん」の意味を教えます。

こういうシーンが増えていくんで
しょうなあ。

有難いですよ、エリーにとっては。

一見、こういう「世話焼き」風な人は、
日本にいるとめんどくさいと思われがち
ですが、外国人にとっては、こんなに
有難い人はいません。

この出会いは、エリーにとっては幸い
だと思いますね。

どんなに差別があったとしても、全員が
全員そういうわけではありません。

いつの時代でも、どこの国でもね。

外国人を受け入れる度量。

普遍的に持ちたいものですね。

**********************************

以上です!

ちなみに、オリジナル記事は、私の
「舞台・演劇ブログ」(旧・アイドル
ブログ)の中にあります。

リンクを貼っておきますので、興味の
ある方は、ご覧下さいませ。

(コチラです。↓)

・【今日のマッサン・20141014・第14話】キャサリンとの出会いはエリーにとって幸いですね・・・バッファロー吾郎Aさんの巡査役も、実に味わい深い

http://idolarayama.seesaa.net/article/407084734.html

次回もお楽しみに!



*「はじめちょろちょろ、なか
ぱっぱ」、興味深い本を見つけ
ました。↓







posted by あらやまはじめ at 08:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | シャーロット・ケイト・フォックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:





「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ
にほんブログ村