2018年03月27日

【BSP再放送・今日の「花子とアン」・20180327・第152話】かよちゃんの決断が「赤毛のアン」につながっていたとは・・・花子を許すところまで来ましたよ、蓮さまは

お待たせしました。

今日の「花子とアン」について、
私が姉妹ブログに記載した過去
記事を抜粋してお届けしたいと
思います。

今日も予約投稿ですので、追記
なしで参ります。

あと、5話です。

では、3年半前の記事、どうぞ
ご覧下さいませ! ↓

**********************************

【今日の花子とアン・20140923】かよちゃんの決断が「赤毛のアン」につながっていたとは・・・花子を許すところまで来ましたよ、蓮さまは


今日を含め、残り5話ですよ、5話。

まず、かよちゃんが、昨日登場した孤児
を引き取るという決断、これは、言葉は
悪いかもしれませんが、「男気」を感じ
ましたね。

かよちゃんは「これまで自分のために
生きてきた。これからは、他の人のため
に生きていきたい」と。

花子は翻訳した「Anne of Green Gables」
の中の登場人物をかよちゃんに重ねては、
「ついに番が来た」と。

かよちゃん「ついに、私の番が来た」。

このかよちゃんの決断が、後の「赤毛の
アン」につながるとは、やっぱり、良質
ですよ、このドラマは。

見事です。

さて、ほどなく、龍一が村岡家を訪れ
ます。

純平の戦死の知らせが届いて以来、蓮さま
はずっとふさぎこんだまま。

龍一でさえ、何もできない。

龍一が花子に頭を下げます。

「蓮子を立ち直らせることができるのは
花子さんだけ。どうか、会ってほしい」と。

花子は、蓮さまに会いに行く決意をします。

蓮さまのいる部屋に行くと、花子は、
「純平くんのお参りをさせて頂いても・・・」
と言っては、手を合わせました。

傍らには、純平の遺骨が箱に入っている。

手を合わせた後、花子は「蓮さま、ごめん
なさい」と土下座します。

ですが、蓮さま、「やめて、はなちゃん」と。

「時代の波に飲み込まれたのは、私も同じ。
純平を笑顔で送り出したのも私」と自分を
責めます。

「一緒に連れて逃げてしまえばよかった・・・」

嗚咽する蓮さま。

寄り添う花子。

つづく・・・。

花子を許すところまで来たんですよ、
蓮さまは。

あと4話です。

大丈夫、きっと蓮さまは立ち直って、
花子と笑顔で語れる日は来る。

期待しましょう。

さて、今日も、夜になると思いますが、
【花子とアン・まとめ】をやります。

今日は第8週〜第11週の予定です。

併せて、ご期待ください!

**********************************

以上です!

ちなみに、オリジナル記事は、私の
「舞台・演劇ブログ」(旧・アイドル
ブログ)の中にあります。

リンクを貼っておきますので、興味の
ある方は、ご覧下さいませ。

(コチラです。↓)

・【今日の花子とアン・20140923】かよちゃんの決断が「赤毛のアン」につながっていたとは・・・花子を許すところまで来ましたよ、蓮さまは

http://idolarayama.seesaa.net/article/405886443.html

次回もお楽しみに!



*メモリアルブック、どうぞ! ↓

posted by あらやまはじめ at 08:00| 神奈川 | Comment(0) | 黒木華 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:





「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ
にほんブログ村