2018年03月25日

【BSP再放送・昨日の「花子とアン」・20180324・第150話】さよなら、おとう・・・親孝行な娘を持てて、幸せだったんじゃあないですか

お待たせしました。

昨日の「花子とアン」について、
私が姉妹ブログに記載した過去
記事を抜粋してお届けしたいと
思います。

やっと、追いつきました。

次週で「花子とアン」の再放送も
終了です。

あと一週間、当ブログでも引き続き、
過去記事を抜粋していきますよ。

では、3年半前の記事、どうぞ
ご覧下さいませ! ↓

**********************************

【今日の花子とアン・20140920】さよなら、おとう・・・親孝行な娘を持てて、幸せだったんじゃあないですか


私はこういう死に方をしたいとすら
思いましたね。

今日の「花子とアン」を見て。

5年ぶりにラジオに復帰した花子。

「なぜ、翻訳に興味を持ったのか」
など、今日は質問をされる側に立って、
ラジオに出演しました。

「腹心の友が翻訳への道を進む力
をくれた」

蓮さまも、その放送を聞いていました。

そして、「最初に英語を教えてくれた
のは?」との質問に花子は「父です」と。

「給費生として修和女学校へ向かう
汽車の中で、父が教えてくれた」

グッドモーニング。

グッドアフタヌーン。

グッドイブニング。

・・・その花子の、いや「はな」の声を
聞きながら、目を閉じて、おとうは
息を引き取りました・・・。

こんな親孝行な娘を持てて、幸せ
だったんじゃあないですか、おとうは。

だれもかれもがこのような死を迎える
ことはできないかもしれませんが、私も
子育て、もう少し頑張らないと、と
改めて思いましたよ。

さて、話は少し戻りますが、その前の
シーンで、醍醐さんが甲府にやって
きました。

「どれほど怒っているか、吉太郎さんに
直接お伝えに来た」と。

そして、「これ以上、待っていられません。
私も吉太郎さんと一緒にぶどう酒を作ります」

吉太郎、「あなたは、いつも肝心なことを
自分から先に言ってしまう」

そして、吉太郎は「おとう、おかあ、おら、
この人と一緒になりてえ」と。

やりましたな、吉太郎!

よかった、よかった。

これで、心置きなく、来週の最終章へ
視聴者も目を向けることができます。

あと6話!

おとうが亡くなってしまったのは
残念ですが、予告を見ていたら、
ハッピーエンドに向かっているの
ではと、ちょっと明るい気持ちに
なりましたよ。

さあ、さあ!

来週の放送も、期待しましょう!

**********************************

以上です!

ちなみに、オリジナル記事は、私の
「舞台・演劇ブログ」(旧・アイドル
ブログ)の中にあります。

リンクを貼っておきますので、興味の
ある方は、ご覧下さいませ。

(コチラです。↓)

・【今日の花子とアン・20140920】さよなら、おとう・・・親孝行な娘を持てて、幸せだったんじゃあないですか

http://idolarayama.seesaa.net/article/405721004.html

次回もお楽しみに!



*「おとう」役、伊原剛志さん、
私も好きな役者さんです、いくつか
作品を紹介しておきましょう! ↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

汚れた心【完全版】 [ 伊原剛志 ]
価格:4899円(税込、送料無料) (2018/3/25時点)












posted by あらやまはじめ at 21:51| 神奈川 | Comment(0) | 吉高由里子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:





「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ
にほんブログ村