2018年03月17日

【BSP再放送・一昨日の「花子とアン」・20180315・第142話】三木理紗子ちゃん演じる美里ちゃんは、素晴らしい演技をしていましたよ・・・しかし、ついに、東京も空襲ですか・・・

お待たせしました。

一昨日の「花子とアン」について、
私が姉妹ブログに記載した過去
記事を抜粋してお届けしたいと
思います。

この後、昨日の「花子とアン」に
ついても記載します。

では、3年半前の記事、どうぞ
ご覧下さいませ! ↓

**********************************

【今日の花子とアン・20140911】三木理紗子ちゃん演じる美里ちゃんは、素晴らしい演技をしていましたよ・・・しかし、ついに、東京も空襲ですか・・・


うちの娘は2002年3月生まれの中一なの
ですが、最近、「花子とアン」の美里
ちゃんのことを「かわいい、かわいい」
と、珍しく絶賛しています。

私も気になって調べて見ましたよ、
美里ちゃんのこと。

そしたら、2002年9月生まれだそうな。

ということは、小六ですか。

名前は三木理紗子ちゃん。

その三木理紗子ちゃんが今日の放送
では、多く登場しました。

ちょっと、見ていきましょう。

時は、1944年9月。

美里ちゃんは妹の直子ちゃんと一緒に
甲府に疎開に来ました。

幼い直子ちゃんはニコニコしています
が、直子ちゃんは浮かない顔をして
います。

そりゃ、そうでしょう。

小学校も年長になると、転校は難しい
ですよ。

私自身もその頃に、何度も転校した
からよく分かる。

美里ちゃんは、東京へ戻る花子に、
「私も一緒に東京に帰っちゃだめ?」
と聞きます。

花子だって、離れたくはない。

でも、「いずれ、東京の子供たちは
みんな疎開していまうから」と言って、
なんとか治めます。

これねえ、子供にはどうすることも
できませんからねえ。

いつの時代でも、こういう時、一番
つらい思いをするのは子供たちです。

何日か経って、美里ちゃんは朝市に
連れられて、泣きながら帰ってきます。

「東京もん」と言われて、学校のすみで
泣いていたと・・・。

つらいよなあ。

なんか、私も子供の頃を思い出しましたよ。

私の場合、ここまでつらい経験はした
ことがありませんが、それでもなかなか
打ち解けるのは大変ですからねえ・・・。

子供であってもねえ。

でも、泣いている美里ちゃんを慰めた
おかあ(いや、おばあやんか、もう)は
また優しい言葉で包み込んでくれるから、
私まで泣けてくる。

室井滋さんの言葉で、どれだけ泣かされた
ことだろう、私は。

いや、全国の視聴者がウルウル来ている
はず。

しかしねえ、室井滋さんだけでなく、美里
ちゃんも11歳としては、素晴らしい演技を
していたと思いますよ。

あの悲しい表情。

わぁーと泣き崩れるシーン。

将来が楽しみな女優さんです。

・・・さて、放送の最後、花子はジフテリア
にかかり、ようやく治った頃に、空襲
警報が鳴り響きました。

防空壕に入る花子とももちゃん。

ついに、東京も空襲ですか・・・。

防空壕に入る前、空を見上げた花子は、
何を思ったのか。

ブラックバーン校長の至言か。

時は1944年11月。

敗戦まで1年を切りました。

**********************************

以上です!

ちなみに、オリジナル記事は、私の
「舞台・演劇ブログ」(旧・アイドル
ブログ)の中にあります。

リンクを貼っておきますので、興味の
ある方は、ご覧下さいませ。

(コチラです。↓)

・【今日の花子とアン・20140911】三木理紗子ちゃん演じる美里ちゃんは、素晴らしい演技をしていましたよ・・・しかし、ついに、東京も空襲ですか・・・

http://idolarayama.seesaa.net/article/405221653.html

次回もお楽しみに!



*三木理紗子が出演しています。↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

キタキツネ物語 -35周年リニューアル版- 【DVD】
価格:2878円(税込、送料別) (2018/3/17時点)






posted by あらやまはじめ at 13:52| 神奈川 ☀| Comment(0) | 花子とアン・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:





「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ
にほんブログ村