2018年03月09日

【BSP再放送・今日の「花子とアン」・20180309・第137話】スコット先生のこと、忘れません・・・「The water is wide」はしばし、嫌なことを忘れさせてくれましたね

お待たせしました。

今日の「花子とアン」について、
私が姉妹ブログに記載した過去
記事を抜粋してお届けしたいと
思います。

追記なしで参ります。

では、3年半前の記事、どうぞ
ご覧下さいませ! ↓

**********************************

【今日の花子とアン・20140905】スコット先生のこと、忘れません・・・「The water is wide」はしばし、嫌なことを忘れさせてくれましたね


昨日に引き続き、スコット先生が
「Anne of Great Gables」をくれた、
重要なシーンから今日の放送は始まり
ました。

美里ちゃんも興味深く、その本を
見ては、いろいろと質問をします。

花子は、幼少の頃、スコット先生の
歌う歌声に感動したことを話します。

すると、美里ちゃんは花子に「歌って」
とせがみます。

困ってしまう花子。

でも、スコット先生に「一緒に歌い
ませんか」と言ったら、スコット先生、
快諾しました。

そして、二人で歌い始めました。

「The water is wide」

今年の4月か5月くらいですか、この歌
をドラマの中で聞いたのは?

それ以来ですが、ドラマの中では30年
くらい時が過ぎている。

妙な懐かしさを感じたのは私だけで
しょうか?

戦時中に咲いた、一輪の花とでも
いいましょうか。

その歌の時だけは、嫌なことを忘れ
させてくれましたね。

素晴らしいシーンでした。

スコット先生は、カナダへ去って
しまいますが、決して忘れませんよ。

なにしろ、「Anne of Great Gables」
を花子に託したわけですからねえ。

さて、それから2年後の1941年の冬。

と聞けば、もう、あの出来事を思い
出さずにはいられません。

放送では「アメリカ・イギリスと
戦闘状態にいでり」とのアナウンスが
されましたが、いわゆる「真珠湾
攻撃」ですな。

パール・ハーバー。

アメリカ人はだれもが知っています。

これにより、日本は太平洋戦争に突入
することになります。

長く険しい道が始まってしまいました。

「花子とアン」はあと3週間あまりの
放送ですが、太平洋戦争の4年あまり
の期間がこれから大半を占めるのかな。

ちょっとツライですが、きちんと
見ないとね。

明日で今週の放送も終了です。

来週からはいよいよ佳境に入ってくる
ことでしょう。

粛々と待ちますよ、私は。

**********************************

以上です!

ちなみに、オリジナル記事は、私の
「舞台・演劇ブログ」(旧・アイドル
ブログ)の中にあります。

リンクを貼っておきますので、興味の
ある方は、ご覧下さいませ。

(コチラです。↓)

・【今日の花子とアン・20140905】スコット先生のこと、忘れません・・・「The water is wide」はしばし、嫌なことを忘れさせてくれましたね

http://idolarayama.seesaa.net/article/404900366.html

次回もお楽しみに!



*「The water is wide」です。↓






posted by あらやまはじめ at 14:07| 神奈川 ☔| Comment(0) | 吉高由里子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:





「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ
にほんブログ村