2018年02月02日

【BSP再放送・昨日の「花子とアン」・20180201・第106話】関東大震災の直後でも、子供たちを励ましていた花子に泣けましたよ・・・郁弥は大丈夫なのか、殺しちゃだめだよ

お待たせしました。

昨日の「花子とアン」について、
私が姉妹ブログに記載した過去
記事を抜粋してお届けしたいと
思います。

この後、今日の「花子とアン」に
ついても掲載して参りますので、
しばしお待ちを・・・。

では、3年半前の記事、どうぞ
ご覧下さいませ! ↓

**********************************

【今日の花子とアン・20140731】関東大震災の直後でも、子供たちを励ましていた花子に泣けましたよ・・・郁弥は大丈夫なのか、殺しちゃだめだよ


今日の「花子とアン」は、最初から
主題歌の「にじいろ」が流れました。

こういうときには、何かあります。

大正12年(1923年)9月1日。

郁弥の求婚に恥ずかしくなり、カフェー
から出たかよちゃんは、空を見て、
驚きます。

驚いたのはかよちゃんだけではない。

花子の息子の歩も同じ。

そして、お昼前の11時58分にその瞬間
が来てしまいました。

関東大震災。

これ、前作の「ごちそうさん」の時にも
ありましたが、あれは舞台が大阪でした
から、今回ほどの衝撃はありませんでした。

(一応、載せておきましょうか、その時
の記事を。「関東大震災」のキーワード
で6つの記事が出てきました。↓)

http://idolarayama.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%8A%D6%93%8C%91%E5%90k%8D%D0&vs=http%3A%2F%2Fidolarayama.seesaa.net%2F&tid=seesaa_hotspot&hid=167&c=12&search=1&ic=shift-jis

しかし、私も何度か当ブログでもお伝え
しましたが、3年前の東日本大震災の時、
仙台にいましたので、これはねえ、本当に
他人事とは思えないんですよ。

当然ながら、私は関東大震災を経験した
わけではないのですが、どうしても、
東日本大震災の時のことを思い出して
しまうんですよねえ。

本当につらいですよ。

こういうシーンを見るのはね。

しかし、私が今日の放送を見ていて
うれしかったのは、花子が震災直後、
周囲の子供たちを励ましては、家の中
に入れて、ろうそくをつけては、話を
聞かせていたことですよ。

これはねえ、泣けました。

やっぱり、このドラマの主人公ですな。

甲府で先生をしていた経験も生きたと
思いますよ、こういうシーンを見て
いるとね。

花子の優しさには、本当に敬服します。

一方、葉山家では、使用人が金目の
ものを持って、みんな逃げてしまい、
蓮さまは、乳母も逃げてしまったこと
から、息子の純平をやっと自分で抱ける
ことに。

そこへ、龍一もやってくる。

龍一にとっては、初めて抱くであろう
純平。

これは、父親としてはうれしかったと
思うなあ。

そして、龍一は蓮さまと純平を連れて
去ろうとする。

止める兄の嫁に対して、兄は叫びます。

「もう、自由にしてやれ」と。

ついに、蓮さまが自由になった瞬間です。

関東大震災のような出来事が起こら
なければ、蓮さまが自由になることも
なかったでしょう。

「じゃあ、よかったね」とも簡単には
言えませんが、関東大震災がその一つの
きっかけになったのであったとすれば、
大災害にはそういう一面もあるという
ことでしょう。

東日本大震災でもそうでしたからね。

長くなりましたが、最後、今日の放送
の最後に、かよちゃんが放心状態で、
花子のもとに戻ります。

傍らには、うつむく夫の英治の姿も。

花子が「郁弥さんと一緒だったんでしょ?
そうじゃなかったの?」と話しかけても
かよちゃんは何も言いません。

つづく・・・。

イカン。

いけませんよ。

郁弥を犠牲にしちゃあ。

だめだめ。

あのねえ、簡単に人を殺してはいけ
ませんよ。

いくらドラマとはいえね。

郁弥には生きていてほしい。

殺しちゃだめ。

三文ドラマにするつもりですか?

なんとしても生かさなきゃだめ。

明日の放送で、それもはっきりする
でしょうが、だめだよ、郁弥を殺しちゃ。

釘を刺しておきたい。

関東大震災は惨事だったと思いますが、
それとこれとは別です。

安易な結末は厳禁ですよ。

脚本家の良心に期待しながら、明日の
放送を待つこととしましょうか。

本当、人の命を粗末に扱っては
いけません。

子供にも悪影響です。

だめですよ、本当に。

**********************************

以上です!

ちなみに、オリジナル記事は、私の
「舞台・演劇ブログ」(旧・アイドル
ブログ)の中にあります。

リンクを貼っておきますので、興味の
ある方は、ご覧下さいませ。

(コチラです。↓)

・【今日の花子とアン・20140731】関東大震災の直後でも、子供たちを励ましていた花子に泣けましたよ・・・郁弥は大丈夫なのか、殺しちゃだめだよ
http://idolarayama.seesaa.net/article/402979018.html

次回もお楽しみに!



*関東大震災についての本、いくつか
紹介しておきましょう。↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

関東大震災新装版 (文春文庫) [ 吉村昭 ]
価格:648円(税込、送料無料) (2018/2/2時点)




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

関東大震災と戒厳令 (歴史文化ライブラリー) [ 松尾章一 ]
価格:1836円(税込、送料無料) (2018/2/2時点)




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

関東大震災 大東京圏の揺れを知る [ 武村雅之 ]
価格:2484円(税込、送料無料) (2018/2/2時点)




posted by あらやまはじめ at 12:20| 神奈川 ☔| Comment(0) | 吉高由里子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:





「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ
にほんブログ村