2017年11月18日

【BSP再放送・今日の「花子とアン」・20171118・第48話】はな、いや、花子は小説家をあきらめるべきではありません・・・久々登場の醍醐さんを見て、うれしくなりましたね

お待たせしました。

今日の「花子とアン」について、
私が姉妹ブログに記載した過去
記事を抜粋してお届けしたいと
思います。

今日も遅くなってしまいました。

ですが、土曜の夜ですのでご勘弁
を・・・。

では、3年半前の記事、どうぞご覧
下さいませ! ↓

**********************************

【今日の花子とアン・20140524】はな、いや、花子は小説家をあきらめるべきではありません・・・久々登場の醍醐さんを見て、うれしくなりましたね


記事のアップが遅れ、申し訳ありません。

本来、昨日アップすべき記事でしたが、
昨日、いつもと違う種類の焼酎で晩酌を
していたところ、どうも酔いが悪く、
猛烈な眠気に襲われ、日課となっている
「花子とアン」のチェックができません
でした。

この時間になっても、まだ体調が優れ
ませんが、今日は書きます。

ちなみに、本来であれば、金曜の夜に
見た、荻窪えきさんも出演の舞台、
「1812」(ロデオ★座★ヘヴン主催)に
ついて今日、当ブログでも触れたいと
思っていましたが、それはまた別の機会に。

興味のある方は、今日、公式ブログには
アップしましたので、どうぞ、そちらを
ご覧くださいませ。

で、昨日の「花子とアン」ですが・・・。

児童文学賞を受賞したはなは、久々に
東京に出向きます。

名前の誤植を責められた村岡英治は、
仲直りをしようとはなにブドウ酒で
乾杯をしようとしますが・・・。

ブドウ酒にトラウマがあるはなは、
受け付けない。

とそこへ、女学校時代の学友の醍醐
さんが!

久々に見る醍醐さん、よかったねえ。

なぜはながブドウ酒を飲まないのか、
種明かしまで英治にしてくれました。

はなは編集長から「君は普通だから、
小説家には向いていない」と言います。

きっぱりとあきらめようとするはな。

しかし、英治が、番組の最後に、
「あきらめない」ように諭します。

これはねえ、若い頃の人との出会いが
いかに大きいかを物語ります。

小説家のことは分かりませんが、私も、
一応はアメリカの大学を卒業した身、
一時期翻訳家の勉強をしていたことが
あります。

翻訳家とは、世間一般には、「通訳」の
ように思われますが、違うんですよ。

翻訳家は、小説家と一緒、いや、それ
以上のレベルを求められます。

なにしろ、原作に忠実に訳していたら、
そんな小説は誰も読みません。

あまりに原作からかけ離れると、それは
翻訳ではなくなりますが、ある程度、
自由を利かせて、全体像で間違って
いなければOK、といったような許容度
がないと無理です、翻訳は。

さらに、翻訳家自身が小説を読んで
いなければ、文学的表現などできる
わけがありません。

ブログの文章とは違いますからねえ。

さらに言えば、現実問題として、翻訳家
として食っていけるのは1%以下です。

となると、特別な才能もなく、文学にも
さほど造詣も深くない私が翻訳の世界
から離れていったのは自然の流れでした。

まあ、そもそも、私の幼少期の夢は
相撲取りになることでしたから、そこ
まで思い入れも深くなかったのですがね
(相撲取りになりたかったからこそ、
私は相撲ブログには最も力を入れて
います・・・当ブログの手を抜いている
というわけではありませんが)。

「花子とアン」に戻りますが、はなは
村岡英治という男に会えて、よかった
と思いますよ。

この時点では、先はどうなるかは誰も
分かりませんでしたがね。

・・・来週の予告。

はながお見合い?

なんか、前作「ごちそうさん」のような
展開になってきましたねえ。

「ごちそうさん」でも、お見合いのシーン
は多かった。

時代が近いから、どうしてもそうなるの
かな。

まあ、どうなるのか、粛々と見ることに
しましょう。

**********************************

以上です!

ちなみに、オリジナル記事は、私の
「舞台・演劇ブログ」(旧・アイドル
ブログ)の中にあります。

リンクを貼っておきますので、興味の
ある方は、ご覧下さいませ。

(コチラです。↓)

・【今日の花子とアン・20140524】はな、いや、花子は小説家をあきらめるべきではありません・・・久々登場の醍醐さんを見て、うれしくなりましたね
http://idolarayama.seesaa.net/article/397895424.html

明日もお楽しみに!



*「醍醐さん」役の高梨臨ちゃんの
作品です。↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

高梨臨 Rin〜tobira〜 [ 高梨臨 ]
価格:3365円(税込、送料無料) (2017/11/18時点)









posted by あらやまはじめ at 23:54| 神奈川 ☁| Comment(0) | 吉高由里子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:





「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ
にほんブログ村