2017年10月14日

【BSP再放送・今日の「花子とアン」・20171014・第18話】エラ・フィースティングちゃん演じるミニーメイちゃんが、はなにお別れ・・・「I miss you.」の訳、私ならこうする

お待たせしました。

今日の「花子とアン」について、
私が姉妹ブログに記載した過去
記事を抜粋してお届けしたいと
思います。

今日も、追記はなしで行きます。

では、3年半前の記事、どうぞご覧
下さいませ! ↓

**********************************

【今日の花子とアン・20140419】エラ・フィースティングちゃん演じるミニーメイちゃんが、はなにお別れ・・・「I miss you.」の訳、私ならこうする


今日の「花子とアン」は、15分とは
思えないくらいに、中身が濃かった
ですねえ。

甲府から東京の女学校に戻ってきた
はなを待ち受けていたのは、北澤から
の年賀状。

しかしねえ、この年賀状が、近藤春菜
さん演じる白鳥に、なんと真っ黒に
塗りつぶされていた・・・。

この白鳥、近藤春菜さんが演じている
こともあり、憎めないと思っていました
が、なかなかそうでもなさそうでね・・・。

甲府から戻って初めての日曜学校で、
はなは、北澤と会いますが、私はかの
ミニーメイちゃんがカナダに戻って
しまうことを、残念に思いました。

このミニーメイちゃん、私は名前を
きちんと確認しておこうと思い、
番組最初のテロップで確認しました。

エラ・フィースティングちゃんという
そうです。

彼女の役割は、私にとっては、なかなか
に忘れられないというか、ちょっと
本当に残念です。

そのミニーメイちゃん、はなと北澤に
お別れをする際に言葉を発していました
が、はなに「I miss you.」と言った時、
字幕で「また会いたい」と出ました。

これはねえ、前向きなメッセージと
とらえることもできますが、もし私が
翻訳するとすれば、「さみしいです」と
素直に訳したい。

私もアメリカに4年間留学していて、
こういう別れのシーンは何度か経験
しましたが、「I miss you.」と言う、
あるいは言われたとき、「また会いたい」
という風にとらえたことは一度もあり
ません。

だって、広大なアメリカで、ましてや、
アメリカでは外国人の私が、またその
人に会えることは、まずないですから。

直訳すれば、「(会えなくなり)、残念に
思う」と日本語ではなりますが、相手の
表情、仕草を見れば、「また会いたい」
よりは「さみしいです」の方がしっくり
来ると思いますが、どうですかね、NHK
さん。

まあ、こういうことがあると、やっぱり
始めたいね、「花子とアンの英語ブログ」を。

まあ、それはさておき、北澤はその後、
はなと一緒の帰り道で「好きだ」と告白
します。

どうやら、白鳥に真っ黒に塗りつぶされた
年賀状には「会えない時間が、あなたへの
思いを育ててくれる」と書いたそうで。

岩谷時子さん作詞の、郷ひろみさんが
歌った「よろしく哀愁」を思い出しました。

♪会えない時間がー、愛育てるのさー。

いや、こちらの方が先ですかね、年代的
には。

しかし、はなは、自らの育ちのことを
正直に吐露し、「さよなら」と言って
しまう。

16歳の冬・・・。

これはねえ、この先の展開を気にして
しまいますねえ。

はなが選ぶのは、北澤なのか、あるいは
甲府にいる幼なじみの朝市なのか。

「ごちそうさん」で言えば、悠太郎と、
幼なじみの源ちゃんか?

どうなることやら。

・・・来週の予告。

仲間由紀恵ちゃんが出る!

しかし、彼女は、どうやら、いわゆる
「悪役」のようで・・・。

これはねえ、ちょっと私も本腰入れて
見ないとね。

なにしろ、あの仲間由紀恵ちゃんですよ。

「ごくせん」の。

しかも、悪役。

吉高由里子ちゃんとどのようなやり取り
があるのか。

これはねえ、興味が尽きません。

明日、放送がないことが残念でならない。

早く、月曜が来ないかなあ。

待ち遠しい。

**********************************

以上です!

ちなみに、オリジナル記事は、私の
「舞台・演劇ブログ」(旧・アイドル
ブログ)の中にあります。

リンクを貼っておきますので、興味の
ある方は、ご覧下さいませ。

(コチラです。↓)

・【今日の花子とアン・20140419】エラ・フィースティングちゃん演じるミニーメイちゃんが、はなにお別れ・・・「I miss you.」の訳、私ならこうする
http://idolarayama.seesaa.net/article/395081467.html


明日もお楽しみに!



*次週から出てきます。↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

白蓮れんれん (集英社文庫) [ 林真理子 ]
価格:720円(税込、送料無料) (2017/10/14時点)






posted by あらやまはじめ at 15:17| 神奈川 ☔| Comment(0) | 吉高由里子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:





「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ
にほんブログ村