2017年07月04日

【今日の「ひよっこ」ダイジェスト・20170704・第80話】宗男は「インパール作戦」での生き残りだったんですねえ・・・「笑って生きることに決めた」理由は、笑ったイギリス兵にあったと・・・深い

【今日の「ひよっこ」ダイジェスト】
です。

早速、今日の放送を振り返って
いきましょう。

・1966(昭和41)年6月29日、ビートルズ
来日前夜、武道館警備600人分の赤飯を
作るため、「柏木屋」だけでなく、隣の
中華屋、「あかね荘」の人々、さらには
宗男も皆、「すずふり亭」に集まることに。

・赤飯をせいろに蒸している間、一同は
裏庭に集まり、休憩。省吾は、宗男の
バイクにイギリス国旗がさしてあること
に気付き、宗男に「お前、戦争中、どこに
いた?」と話しかける。

・宗男、「陸軍でビルマにいました」と
答えると、省吾は絶句。「インパール
作戦ってことか?」と省吾が問えば、
宗男は「はい、生き残りで」と回答。

・宗男が「仲間は皆、戦死しました」と
続けると、省吾は「だったらなぜ?」と
イギリス国旗に目をやる。

・「インパール作戦」について増田明美
さんが説明。昭和19年、日本軍は当時
イギリスの支配下にあったインドの
インパールを攻撃。インド内部に侵攻
しようとした日本軍が、イギリスに反撃
を受け、戦死者が6万人以上出る敗戦と
なったことが当時の映像と共に紹介される。

・宗男は、当時のことを淡々と話し始める。
「ただただ、山の中を歩いて・・・。空から
偵察機がオレたちを見つけると爆弾が
落ちてきて・・・。オレは死ぬんだと毎日
思っていた。毎日、仲間が死んでいくから」

・省吾が「話したくないならいいんだぞ」
と声をかけるも、宗男は「大丈夫です。
悲しい話で終わらねえから」と答えて、
話を続けることに。

・宗男、「斥候(せっこう)っていう、
偵察みてえなこと、斥候に行った時、
夜、真っ暗闇の中、ジャングルを歩いて
いたら、イギリス兵と出くわしてな。
オレも驚いたが、向こうも驚いていた。
お互い、銃を手に持って。でも怖くて
動けなかった。向こうもだ。オレと
同じくらいの年齢で。遠くからイギリス
兵の仲間が来て、何か話していた。言葉
が分からないから怖くてな。すると、
そいつ、オレ見て、ニッコリ笑ったん
だよ。オレはそれを見て、ボーッと
していた。何で笑ったのか分からなかっ
たけど、オレはそいつのおかげで死なず
に済んだ」と語る。

・早苗が「だから、あれ?」とバイクの
イギリス国旗を指さすと、宗男は「オレ、
悔しかったんだよ。オレは笑うことが
できなかった。だから、拾った命だから、
笑って生きようと決めたんだよ」と話し、
省吾は「そうか」と。みね子も含め、
一同、静まり返る。

・宗男、「で、ビートルズだろ? ちき
しょう! また、イギリスかよって思った。
ビートルズとそん時のあいつは関係ない
けどよ、あいつだってオレのおかげで
生きてるって思っているかもしれない。
だから、ビートルズに言いたい、オレは
生きてるって。オレは笑って生きてっと
って。叫びてえよ」と話す。

・宗男、「しんみりさせちまったな」と
頭をかいていると、赤飯が蒸しあがり、
一同は「すずふり亭」の調理場へ。
みね子が笑顔で宗男と一緒に赤飯を
詰めている様子を島谷はチラチラと
見ており・・・。

つづく・・・。

宗男は「インパール作戦」での生き残り
だったんですねえ・・・。

よく帰ってこれましたよ。

宗男が「笑って生きることに決めた」
理由は、笑ったイギリス兵にあった・・・。

深いですね。

戦争に行った人でなければ語れません、
こういう話は。

ドラマとはいえね。

今日の放送では「斥候(せっこう)」と
いう単語が出てきましたが、これ、私は
初めて聞きました。

戦争用語だね。

いかに勉強不足であるのか、思い知らされ
ましたよ。

死ぬまで勉強です、何事も。

最後に島谷がみね子と宗男の様子を
チラチラと見ていましたが・・・。

以前、友人たちと酒を飲んでいる
時に、ビートルズのチケットを手に
入れた友人がいました。

ひょっとして・・・。

明日の放送、大いに期待したいですね!


*「インパール作戦」についての書籍、
参考までに紹介しておきましょう。↓





posted by あらやまはじめ at 12:07| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 峯田和伸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック




「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ
にほんブログ村