2017年06月09日

【今日の「ひよっこ」ダイジェスト・20170609・第59話】「第16回NHK紅白歌合戦」の倍賞千恵子さんと森繁久彌さん、良かったねえ・・・みね子に里帰りの切符を買った愛子の優しさには、泣けましたよ

【今日の「ひよっこ」ダイジェスト】
です。

今日は所用で新宿に行っており、
更新がやや遅れました。

早速、今日の放送を振り返って
いきましょう。

・みね子は、「あかね荘」に住むに
あたり、契約書にハンコを押し、鈴子
が身元保証人をかって出てくれること
になる。家賃は4000円とのこと。

・鍵をもらったみね子。愛子は
大家の富に住居人について問うと、
5人が住んでおり、「売れそうも
ない漫画家」、「いつまでも25歳
の事務員」、「慶応ボーイのいい
男」たちが住んでいることが紹介
される。

・1965年12月30日、東京での初の
年末をみね子は、愛子と過ごす
ことになり、大掃除をする。

・「乙女寮」がなくなることに
「悲しい」とつぶやくみね子。
愛子は「寂しいけど、悲しくは
ない」と言い、「だれかがここに
来て、新たな出会いがあるのは
素敵なこと」と話し、みね子も
笑顔に。

・翌大晦日、「第16回NHK紅白歌合戦」
を見る愛子とみね子。愛子は、倍賞
千恵子の「さよならはダンスの後に」を
好み、みね子は森繁久彌の「ゴンドラ
の唄」を口ずさむ。

・紅白が終わると、外に出て、除夜の
鐘を聞く二人。新年の挨拶をするも、
寒いため、すぐに寮の中へ逆戻りする
ことに。

・愛子の部屋ですやすやと眠るみね子。
愛子はそんなみね子が「おかあちゃん」
と寝言を言うのを聞いて、「ごめんね。
私に付き合わせちゃったね」と謝る。

・年が明けて、1966年元旦。みね子が
目を覚ますと、愛子はおらず、「すぐに
戻ります」との置き手紙があった。

・寮の中庭に出たみね子。そこへ愛子が
戻ってくる。みね子はふと「思ったん
ですけど、愛子さんはお姉ちゃんだった
なあって。お母さんよりもお姉ちゃん
だった」と吐露。

・愛子は「だから、前からそう言って
たじゃないの」と笑うと、「じゃあ、
お姉ちゃんからお年玉」と言って、
お年玉袋を差し出す。

・驚くみね子。愛子は「開けて」と
急かし、みね子が袋を開けるとそこ
には、里帰りの切符が入っていた。
あまり時間もないため、すぐにみね子
は帰郷の用意をすることに。

・奥茨城の矢田部家では、茂が
美代子に「今日あたり、みね子、
帰ってくるんじゃねえか」と話して
いたところへ、「ただいま!」と
みね子が帰宅。妹のちよ子、弟の
進がみね子に抱きつく。

つづく・・・。

みね子に里帰りの切符を買った
愛子の優しさには、泣けました
ねえ・・・。

でも、時間にほとんど猶予が
なかったというのが、愛子らしい
というか、なんというか。

愛子もみね子が「お母ちゃん」と
寝言を言うのを聞いて、いたたまれ
なくなったのでしょう。

愛子がみね子の寝顔を見るシーン、
あれは素晴らしかったですね。

また、「第16回NHK紅白歌合戦」の
当時の映像が出てきましたが、
倍賞千恵子さんと森繁久彌さん、
良かったねえ。

「ひよっこ」の放送直後の「あさ
イチ」で、この年、加山雄三さんが
初出場しては「君といつまでも」
を歌った映像が流れましたが、
あれ、NHKにはもうない映像だった
ようで、司会の宮田輝さんの個人
所有のものをNHKが譲り受けたと
いう説明がありました。

ということは、倍賞千恵子さんと
森繁久彌さんの映像も宮田輝
さんのコレクションだったのかな?

たぶん、そうでしょう。

今日は、朝ドラに続く「あさイチ」
との連携プレーも光りましたね。


*倍賞千恵子さんの「さよならは
ダンスの後に」に、愛子がかつて
鼻歌で歌っていた「下町の太陽」も
収録されているこのCDはオススメ
ですね! ↓





*森繁久彌さんの「ゴンドラの唄」
はコチラでどうぞ! ↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

決定盤::森繁久彌 大全集 [ 森繁久彌 ]
価格:2803円(税込、送料無料) (2017/6/9時点)




posted by あらやまはじめ at 20:34| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 和久井映見 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック




「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ
にほんブログ村