2017年05月25日

【今日の「ひよっこ」ダイジェスト・20170525・第46話】給料減額も、愛子のおかげで救われていますよ、みね子たちは・・・BSプレミアム再放送の「こころ」が面白くなってきました!

【今日の「ひよっこ」ダイジェスト】
です。

今日は夕方まで外出しており、やや
更新が遅れてしまいました。

早速、今日の放送を振り返って
いきたいところですが・・・。

その前に、今日は、BSプレミアムで
「ひよっこ」の直前に再放送されて
いる「こころ」について一言、
触れておきたいと思います。

4月から始まった「こころ」の
再放送、私も日々見ていましたが、
ここに来て、非常に面白い展開と
なってきました。

(*コチラがそのDVDです。↓)




主人公、「こころ」(中越典子さん)が
結婚した子連れの優作(仲村トオル
さん)は、人助けをした際、故郷の
新潟で遭難してしまいましたが、
なんと、今日の放送で「数週間ぶりに
見つかった」という連絡が「こころ」
に入りました。

ちなみに、優作の長女「倖(さち)」
を演じているのは黒川智花ちゃん
です。

当時はまだ中学生でした。

14年前。

私は当時、このドラマを全く見て
おらず、存在すら知りませんでした
が、BSプレミアムのおかげで、いい
ものを見させてもらっていますよ。

時間と余裕があれば、別途毎日
記事にしたいくらいですが・・・。

ひとまず、【ひよっこダイジェスト】の
中で、今後も時折取り上げることに
したいと思います。

では、今日の「ひよっこ」に参り
ましょうか。

・三男は、お盆の里帰りを前に、
働いている米屋に、ウキウキしな
がら、「あゝ上野駅」を歌いながら
帰ってきては、米屋の娘のさおりに
からかわれる。

・奥茨城村に帰郷した三男は、最初、
母のきよに「みね子も時子も帰って
こないのに、なんでおめえだけ帰って
きた?」ととがめられるが、それは
きよ一流の愛情表現であり、すぐに
笑顔になることに。

・「奥茨城母の会 会長」であることが
視聴者に知らされたきよ。「副会長」
の美代子と君子も呼んで、三男に
みね子と時子の様子を聞くことと
なる。

・元気であることを告げた三男。
ほっとした美代子と君子は、三人
しかいない「奥茨城母の会」で
ワイワイと騒ぎ始める。

・みね子の叔父、宗男も久々に登場。
三男には「みね子に頼んだビートルズ
の雑誌のことをすっかり忘れている」
ことを伝えては、プロレス技をかけ、
じゃれ合う。

・時は、昭和40年の11月に飛ぶ。
東京での秋から冬を初めて経験
するみね子。銭湯帰りに焼き芋を
食べながら歩いていると、社内
から松下ライン長が出てきては、
浮かない顔をしていた。

・翌日、松下は申し訳なさそうに
社員一同の前で「生産調整をする
ことが命じられ、それに伴い、
業績が下がってしまった。よって、
みなさんの給料も一割引かせて
もらうことにした」と説明。

・一番納得しなかったのは、成績
優秀な豊子であったが、みね子たち
の部屋にはすぐに愛子がやってきて、
説明をすることに。

・愛子は「あなたたちのせいでは
ない」と謝り、「でも、これまでも
こういうことは何回もあった。その
度に、向島電機は持ちこたえてきた。
だからここは、我慢して頑張ろうね。
大丈夫、向島電機はそんなやわな
会社じゃないよ。私はそう信じてる」
と言って、一同、ある程度納得し・・・。

つづく・・・。

給与減額の憂き目にあったみね子たち。

今の世の中であれば、給与を渡す直前
にこういうことをしてしまえば、労働
基準法違反になり、監督署にクレーム
が行って、会社は厳重注意を受ける
ことになります。

労働者に裁判でも起こされたら、
会社は間違いなく負ける。

労働契約書に書かれていないでしょう
し、もし書いてあったとしても、労働
基準法の最低基準に達していない契約
書はその時点で無効とされますから。

ただ、昭和40年当時は、労働基準法も
整備されていなかったんでしょうなあ、
これは。

法改正は国会議員によってなされます
が、毎年少しずつ変わりますからね。

豊子はかなり怒っていましたが、当然の
話でしてね。

ただ、そんな中でも、愛子の存在は
めちゃくちゃ大きい。

愛子のおかげで、「過去にもこういう
ことはあった」ことを知り、その上で、
「これまでも乗り越えてきた」ことを
伝えることで勇気を与え、みね子たち
は「頑張ろう」と前向きになれた。

愛子に救われてますよ、みね子たちは。

ついでに言えば、向島電機という会社
もね。

後半のストーリーが衝撃的で、前半の
三男のパートが飛んでしまいましたが、
個人的には三男が「ああ上野駅」を
歌っていたのには、時代を感じました。

井沢八郎さん(工藤夕貴ちゃんのお父さん
です・・・ちなみに、工藤夕貴ちゃんとは
同学年です、私は)のヒット曲で知られる
「あゝ上野駅」ですが、改めて調べて
みたら、今日の放送が描かれた前年、
昭和39年にリリースされていたんです
なあ。

私が生まれる前の曲ですが、東北出身
者としては、やっぱり忘れがたい名曲
でしてね、これは。

私がこの曲を覚えたのは、大学生の頃
ですが、年を重ねるにつれ、胸が締め
付けられるような思いになります。

最後に、「あゝ上野駅」、現在は
MEG-CDで発売されていますので、
紹介しておきましょう。↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

井沢八郎『ああ上野駅』 cw 『男船』MEG-CD
価格:1028円(税込、送料別) (2017/5/25時点)






posted by あらやまはじめ at 20:43| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 和久井映見 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック




「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ
にほんブログ村

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。