2017年05月09日

【今日の「ひよっこ」ダイジェスト・20170509・第32話】ラムネの瓶が転がって「乙女たち」が笑うシーン、松本伊代ちゃんの「らっきょうCM」を思い出しました・・・実は見つかるのか、明日最大の注目です!

【今日の「ひよっこ」ダイジェスト】
です。

早速、今日の放送を振り返って
いきましょう。

・銭湯帰りのみね子たちは、時子の
提案で、ラムネを飲むことに。

・当時のラムネの値段は15円、
ラーメンが75円、映画館が400円
であることが増田明美さんの
ナレーションで紹介される。

・3人で1本のラムネを分けて
飲むことになった6人は、まず
時子がテレビ局に行ったときの
話を聞くことに。

・時子は、テレビ局の人に会って、
「女優になりたい」ことを伝えると、
オーディションのお知らせをもらい、
来月受けることとなる。

・次に幸子のデートについての
話になるも、「ケンカをした」
ことが明かされる。

・幸子のお相手は、音楽家志望で、
稼いだカネをすべて音楽につぎ込む
が、「優しいところがいい」と幸子
はのろける。

・帰宅途中、皆で「見上げてごらん
夜の星を」を歌っていると、最後列
にいた澄子が豊子の歌う姿を見て、
「あんた、音痴じゃねえな」と一言。

・翌日から二週目の仕事が始まる。

・矢田部家にはみね子から全員に
はがきが届き、時子も、三男も
はがきを出していた。

・みね子の父・実の行方を捜して
いる綿引は、いつものように聞き
込みをしていると、「こないだ
見たよ、この人」という労働者に
会う。

つづく・・・。

実、見つかるか?

ちょっと、明日の最大の注目ですな。

しかし、「乙女たち」が、ラムネの
瓶が転がるだけで笑うシーンを見て、
私は遠い昔に松本伊代ちゃんが
「らっきょうが転がるだけで笑う」
CMを思い出しました。

(*探していたら、出てきました。
ボンカレーのCMです。↓)



もう35年くらい前ですか。

それでも、みね子たちが生きた
時代はそれよりもっと前のこと
ですから、いつの時代でも「乙女」
たちはちょっとしたことで笑う
ものなのだということが改めて
分かって、微笑ましかったなあ。

・・・しかし、伊代ちゃんのCM、私も
35年ぶりくらいに見ましたが、
若かったねえ、伊代ちゃん。

ホント、かわいかった。

「ボンカレー ファイブスター」
って、今は売ってないですよね。

懐かしい。

最後に、私が近年好きな「ボンカレー
大辛」を紹介しておきましょう。

うまいです、これは。↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ボンカレーゴールド 大辛(180g)【ボンカレー】
価格:185円(税込、送料別) (2017/5/9時点)



posted by あらやまはじめ at 11:51| 神奈川 | Comment(0) | TrackBack(0) | 有村架純 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック




「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ
にほんブログ村