2017年03月16日

【今日の「べっぴんさん」・20170316・第137話】ゆり、ついに現場復帰し、栄輔も「オライオン」で復活!・・・潔の懐の深さですなあ、男はかくありたいものです

連日更新が遅くなり、すみません。

娘が春休みに入り、起きる時間が
いつもより遅いのと、高校入学を
控え、用意するものも結構あり、
午後は買い物に出かける機会も
多く・・・。

今月いっぱいは、記事更新の時間が
不定期になると思われます。

ご了承下さい。

さて、今日の「べっぴんさん」です。

映画「ようこそ赤ちゃん」の撮影は
順調に進んでいます。

今日の放送では、さくらと健太郎の
幼少期の手作りの服をまだすみれと
君枝が持っていたことが明かされ
ました。

これ、私も見ていて、ハッとさせられ
ました。

私も今中三の娘が小さい時には、
既に子供服は当たり前のように
売っており、それを買って着せる
のが親の役目だと思っていました。

ですが、すみれたちが子どもを育てて
いた戦時中から終戦直後は、子供服は
売っていなかったんですよねえ。

すみれたちは自分で作っていた。

そして、それが、「キアリス」に
つながり、現在の「子供服が売って
いるのが当たり前」という状態に
つながっていくわけです。

そう思うと、「キアリス」の役割と
いうのは、我々が予想していた以上に
大きかったということが分かります。

これ、見過ごされがちですが、ホント、
感謝しないとね、すみれたちには。

場面は大急に変わります。

潔が「これからはスーツを売りたい」
と大島会長に迫るシーン。

潔は、栄輔が日本の若者に与えた
影響を熱弁し、その「灯火を絶やし
たくない」と言っては、大急に
紳士服売り場を作ることを提案
します。

大島会長は、場所は用意することを
伝えるも、「危険な航海になるかも
しれんぞ」と忠告します。

こういう年長者のセリフは見逃せ
ませんなあ。

この後に、何が待ち受けているのか。

潔は帰宅後、ゆりとの会話で、ゆりが
「紳士服売り場に女性を」という提案
を受け入れては、ゆりに現場復帰を
促します。

年の頃、50歳前後でしょうか。

ここで、ゆりを現場復帰させると
いう潔の度量。

この懐の深さはねえ、「男が惚れる
男」と言っていいなあ。

かくありたいものです。

さて、映画「ようこそ赤ちゃん」も
クランクアップを迎えました。

カメラマンの亀田は、撮影中に
赤ちゃんができたことを明かし、
「勉強になりました」と・・・。

いい役柄でしたね、亀田は。

私生活でも亀田役の上地雄輔さんは
子だくさんで、いいお父さんだしね。

その後、明美が栄輔と別れるシーン
が映し出されました。

これは、どういう意図だったん
だろうねえ。

思えば、二人とも独身です。

この後、残り2週間あまりで、その
仲に進展があるのか?

ちょっと期待させますなあ、これは。

映画の撮影も終わり、すみれと紀夫
は潔の家を訪れます。

その席で、潔は栄輔に「お前に協力
してほしいことがあるんや」と言って
は、オライオンでの協力を依頼します。

栄輔は、「ありがたいです」と言い
つつも、「100人以上の従業員とその
家族を路頭に迷わせてしまった」と
責任を痛感し、一旦は断ります。

ですが、そこで栄輔の心を動かした
のは、ゆりの一言でした。

「栄輔くんは、この先、幸せになって
はいけないの?」

ここで、闇市時代のつながりが生き
ましたねえ。

朝ドラの真骨頂をここに見ましたよ、
私は。

闇市時代に、バラックで過ごした潔
とゆり、そして、栄輔。

その後、生きる道は一旦は離れた
ものの、ここに来て、再び一緒に
なるという・・・。

栄輔、もう、断る理由はありません
でした。

栄輔は、「オライオン」で「男のため
の着こなし講座」を担当することに
なりました。

マスコミから矢継ぎ早に質問を受ける
栄輔でしたが、口を真一文字に結んで、
ただただ頭を下げていました。

つづく・・・。

栄輔には拍手を送りたいですね。

と同時に、潔とゆりにも。

普通、表舞台に出ることは憚られ
ますからね。

ですが、批判を承知の上で、栄輔は
出た。

なぜなら、潔とゆりが見守っていた
からです。

闇市でのつながり。

あれから、20年以上経って、再び、
一緒になった。

味のある一話となりましたよ、今日は。

明日の栄輔の動きにも注目ですね。



*ガイドブックも、まだまだ間に合い
ますよ!↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

連続テレビ小説 べっぴんさん Part1 [ NHK出版 ]
価格:1188円(税込、送料無料) (2017/3/16時点)




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

べっぴんさん(part2) [ NHK出版 ]
価格:1188円(税込、送料無料) (2017/3/16時点)





posted by あらやまはじめ at 20:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 蓮沸美沙子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック




「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ
にほんブログ村