2016年09月13日

【今日の「とと姉ちゃん」・20160913・第140話】666回目の試験で、アカバネの洗濯機のコンセントがショート!・・・「SJI(スジ)規格」とは?・・・「週刊現代」の「商品テストの本当」は読み応えがありますよ!

今日の「とと姉ちゃん」は、カメラが
赤羽根社長の表情に徐々に迫って
いくシーンから始まりました。

すごかったですね、赤羽根社長の、
というか、古田新太さんの表情は。

「鬼」でしたよ、まさに。

公開試験は6月末と決まり、常子は
社内のテスターを増やして、万全の
体制を取り始めます。

キッチン森田屋では、美子が照代は
おろか、君子、鞠子、さらには康恵
と綾も呼んで、「アンケートに協力
してほしい」ことを告げます。

「主婦の一日の時間配分」についての
アンケートでした。

確かに、家電製品ができてから、世の
主婦の家事の時間は大幅に軽減された
でしょうからねえ。

場面がアカバネの店に変わります。

ここで、村山は酒井にひそひそと、
「社長にはこのことは黙っておいた
方がいい。商品試験で分かるわけが
ない」と耳打ちします。

何を隠していたのか?

それは、次のシーンで明らかになります。

666回目の試験で、「あなたの暮し出版」
の一同は、洗濯機を回し始めます。

と、そこへ花山が現れます。

花山、「さっきと回っている音が違う」

その時、ある洗濯機のコンセントが
ショートしました。

大きな音に驚く一同。

花山が近付いて、コンセントの先を
マイナスドライバーで開けると、
そこには・・・。

スカスカの中身が・・・。

花山、「これは・・・」

洗濯機のメーカー名を確認すると、
そこには「AKABANE」の文字が。

村山が隠そうとしていたのは、
おそらくこれのことでしょう。

一方、編集部では、照代がたくさんの
アンケートを持ってきてくれました。

店に来るお客さんが料理を待って
いる間に協力してもらった、と。

照代、機転が利いていますねえ。

壇ふみさんのナレーションでは、
「これが公開試験の秘策となった」
ということですが、さて・・・。

昭和33年6月、公開試験が始まりました。

メーカー5社の代表が集まり、司会は
大東京新聞の国実。

「あなたの暮し」からは常子と花山が
参加しました。

常子がふと、観客席を見ると、そこには
不気味な笑みを浮かべながら、常子を
横目で凝視する赤羽根の顔が・・・。

うちの娘は「キモイ」と言っていました
が・・・。

ここで、国実は「SJI(スジ)規格」なる
単語を用いては、「規定の洗浄率35%に
達しているかどうか」をメーカー5社に
問います。

SJI規格?

JIS規格でしょう、これ?

使えないのかなあ、JIS規格という名称は。

分からないものですねえ、こういうのは。

メーカー5社が説明を終えると、常子が
話し始めます。

つづく・・・。

・・・少々 長くなりました。

そろそろ、「とと姉ちゃん」の昼の
再放送も始まります。

今日はこの辺で・・・。

最後に、今週の「週刊現代・合併号」の
記事、「とと姉ちゃん 商品テストの
本当」が大変読み応えがありました
ので、紹介しておきますね。↓



posted by あらやまはじめ at 12:31| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | とと姉ちゃん・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック




「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ
にほんブログ村