2016年09月01日

【今日の「とと姉ちゃん」・20160901・第130話】「アカバネ電器」の村山(野間口徹さん)と酒井(矢野聖人さん)を花山が一喝!・・・常子はもはや、「星野家の家族」じゃあないですか

なにやら、不穏な雰囲気で始まり
ましたねえ、今日の「とと姉ちゃん」
は。

アカバネ電器の赤羽根社長が、二人の
社員に「そういうこと(電気釜の商品
試験)はさせなければいい。そういう
こと(批判記事)は書かせないように
しろ」と表情を変えずに指示します。

この二人の社員は、年配の方が村山
(野間口徹さん)、後輩が酒井(矢野
聖人さん)です。

三週間後、場面が「キッチン森田屋」に
変わります。

星野家の3人と一緒に食事をとる常子。

もはや、「星野家の家族」じゃあない
ですか、常子は。

会話の中で、星野はおもむろに「なぜ、
雑誌を作ろうと思ったんですか」と
常子に尋ねます。

確かに、星野が以前、大阪に行くため、
常子と別れた時、常子はタイピスト
でした。

常子、「女の人の役に立つ雑誌を
作りたかったんです」

星野、「夢を持てたんですね」

・・・これが、今週のテーマですな。

「常子、星野に夢を語る」。

常子はそれを「夢」とは思って
いませんでした。

しかし、星野に言わせれば、「自分
のことは後回しだった常子さんが、
自分のために夢を追っているのなら、
僕はとてもうれしいです」なんです
よねえ。

常子、「そうかもしれませんね。
それが私の夢です」

星野からそれが「夢」であることを
気付かされた常子。

もう、結婚しなさい!

場面が変わります。

雨が降りしきる中、二人の男が
「あなたの暮し出版」の前に
立ちはだかります。

先の村山と酒井です。

アポなしで訪れては、常子と
「話がしたい」と・・・。

二人を会議室へ通した常子。

美子を始め、社内はざわつき始めます。

常子に名刺を渡した二人。

すると、突然、酒井が泣き始めます。

村山、「おい、泣く奴があるか」

動揺する常子。

酒井、「今年、4人目の子が生まれる
んです。今、会社が倒産したら、困り
ます。お願いします。アカバネを
潰さないで下さい!」

酒井は土下座までしている。

と、ここで、会議室の前を花山が
通ります。

なにやら、大声が聞こえたため、
会話に耳を澄まし始めました。

常子、どうすればいいのか、分からず、
「待って下さい、頭を上げて下さい」
とうろたえます。

すると、会議室の扉が開きました。

花山です。

「なんなんだ、君たちは? 泣いている
暇があったら、商品開発でもしたまえ!
これ以上、君たちの泣き言を聞くつもり
はない。帰りたまえ!」

快哉を叫びましたね、私は。

あんな猿芝居は、花山には通用しないと
いうことです。

また、常子に「経営者の取るべき態度」を
教えることになりましたね、結果的には。

さすが、花山!

一方、すごすごと帰ることになった
村山と酒井。

「あと、もう少しだったのに・・・」

すると、過ぎ去る二人を見つめては、
すぐに目先を「あなたの暮し出版」
へと変えた男がいました。

国実恒一役の石丸幹二さんです。

石丸さんの登場シーンは1分にも
満たなかったですが、さて、明日
以降、どのような役割を果たすのか。

失意の村山と酒井は、赤羽根社長に
電話で報告を入れることになりました
が、赤羽根社長のセリフがすごかった
ですね。

「泣き落としは効かんかったか。
冷たい奴らだなあ。自分たちにも
大切な家族がいるだろうに・・・」

つづく・・・。

今日の放送の最後では、星野家に
行った常子に青葉ちゃんが「おかえり
なさい」と言う、心温まるシーンが
ありました。

「冷→暖→冷→冷→暖」と、今日は
シーンが目まぐるしく変わりました。

15分の間にここまでシーンの雰囲気を
次から次に変えるというのは、改めて
すごいですね。

視聴者からすれば、飽きませんよ、
この展開は。

チャンネルを替えようがない。

だからこその高視聴率なんでしょう
ねえ。

さて、明日の放送では、注目は、
石丸幹二さんです。

何をするのか。

期待しましょう。


*読みかけのままだったので、そろそろ
再開しないと・・・。↓

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

連続テレビ小説 とと姉ちゃん Part2 (NHKドラマ・ガイド) [ NHK出版 ]
価格:1188円(税込、送料無料) (2016/9/1時点)





*高畑充希ちゃんのこの本も要チェック
ですな。↓





posted by あらやまはじめ at 11:43| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 唐沢寿明 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック




「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ
にほんブログ村