2016年05月30日

【今日の「とと姉ちゃん」・20160530・第49話】斉藤暁さんが演じる「給仕の坂田さん」がくれたキャラメルに救われましたなあ、常子は・・・「ハンケチ」星野は、常子に恋?

今日の「とと姉ちゃん」を振り返る前に・・・。

BSプレミアムで「とと姉ちゃん」の
直前に放送している「てるてる家族」の
再放送が、面白くなってきました。

子役の子がだんだん大きくなり、ついに
私の好きな上原多香子ちゃんが最近登場
し始めました。

また、主演の石原さとみちゃんも、
これまではナレーションだけでしたが、
本人がいよいよ登場し、「4人娘」が
勢揃いしました。

(*こんな感じですね。↓)





できれば、この「てるてる家族」に
ついても、もっと触れていきたい
ところではありますが・・・。

既に放送された朝ドラでもありますし、
結末が分かっている人には分かって
いるわけですから、あえて、独立した
記事は避けたいと思っています。

ただ、折に触れ、当ブログの冒頭で、
気になることがあれば、触れていけ
ればと・・・。

さて、今日の「とと姉ちゃん」に参り
ましょう。

常子は早乙女から依頼された和文
タイプを時間前に仕上げました。

喜んで持っていった常子でしたが・・・。

早乙女は、常子を試していたんです
なあ。

早乙女、「原稿は一時間前に私が
仕上げました」

そして、早乙女は常子に「その技術
水準では、あなたに任せられる仕事は
ありません」と・・・。

まあ、新人なんて、そんなものと
言ってしまえばそれまでですが、
現代でこのような仕打ちをしたら、
新人は即退職し、下手したら、上司は
パワハラで訴えられるかもしれない。

昭和12年という時代を考えれば、仕方の
ないことかもしれませんが、こういう
時代を乗り越えてきたというわけなん
ですなあ、常子は。

常子は「お手伝い」に甘んじることに
なりますが・・・。

場面が、星野の下宿に替わります。

先日、負傷した手首に巻いてもらった
常子の「ハンケチ」を見ては、何やら
考えています。

勉強が手につかなくなってきました
かねえ。

そんな折、常子の家に星野が訪ねて
きます。

鞠子と美子は、目くばせをしては、
星野に会いに行く常子の後を追って
いきました。

いつの間に気付いたんだろうねえ、
鞠子と美子は?

もじもじしている星野。

「ハンケチ」を返しますが・・・。

鞠子と美子が気になる常子は、
いつもの店に星野を連れていき
ました。

星野は最近、勉強が手につかない
ことを常子に言います。

すると、常子、「大丈夫ですか?
そういえば、お顔も少し赤いし」と
言って、星野のおでこに手を当てます。

星野、「あー!」

お茶をこぼしてしまいました。

常子が差し出す「ハンケチ」で拭く
星野。

すると、星野、「あー!」と、再び
雄叫び。

せっかく洗った「ハンケチ」が・・・。

・・・これはねえ、星野、完全に恋して
しまいましたなあ、常子に。

考えてみれば、星野は大学生ですから
ねえ。

いちばん、女性に関心を抱く年頃ですよ。

我が身を振り返ってみても、大学時代は
勉強もしましたが、一言で言えば、
「性欲のかたまり」でしたからねえ。

今では考えられないくらいに。

・・・常子の職場に場面が替わります。

女性社員から煙たがられる常子。

そんな折、男性社員が「手が空いて
いる人はいないか?」とタイプ室に
入ってきます。

断る早乙女。

ところが、暇な常子、手を挙げました。

早乙女を始め、女性社員が一斉に
振り向く。

・・・いやはや。

常子は、男性社員の机の書類整理と
清書を頼まれますが、いつもの17時
までに仕事は終わらず・・・。

女性社員たちが常子の悪口を言う
中、多田かをるだけは「責任感が
ある」と常子をかばいます。

そんな多田に、女性社員たちは冷たい
視線・・・。

・・・コワイねえ。

「お先に失礼します」と帰る早乙女。

「さよなら」と女性社員たち。

・・・「お疲れ様でした」ではなかったん
ですねえ、この頃は。

今では「さよなら」とは決して言わない
ですからね。

遅くまで仕事をする常子。

そんな常子の肩をだれかが叩きました。

斉藤暁さんが演じる「給仕の坂田さん」
です。

優しい顔をした坂田、常子に「手出して
ごらん」と言いました。

常子が手を出すと、坂田は一つのキャラメル
をそこに置きました。

坂田、「頑張る人にご褒美」

つづく・・・。

最後の最後に、いいシーンが来ましたねえ、
今日は。

斉藤暁さんが演じる「給仕の坂田さん」が
すべて持っていきましたよ。

しかし、ありがたいですよ、こういう
人はね。

こういう人に限って、社内では出世
しなかったりするわけですが・・・。

会社とはこういうものだと、つくづく
思いますね。

どんなにウマが合わない人間がたくさん
いたとしても、坂田のようにちゃんと
見ている人もいる。

最後に暖かい気持ちになりました。

今週の常子、大変かもしれませんが、
なんとか乗り切ってほしい、そう思い
ましたね。



*貴重なバイプレイヤーですよ、
斉藤暁さんは。↓

オトナファミ 2010年 03月号 [雑誌]
価格:606円(税込、送料無料)



posted by あらやまはじめ at 12:02| 神奈川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | とと姉ちゃん・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック




「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ
にほんブログ村