2016年04月09日

【今日の「とと姉」所感・20160409・第6話】「とと姉ちゃん」がついに誕生!・・・BSプレミアムの「どんど晴れ」最終回には泣けてきました・・・次週からは「てるてる家族」の再放送が始まります

いつもなら、土曜のこの時間、まだ
作業を始めていないことが多いの
ですが、今日は中三になった娘が
学校でしてね。

授業参観。

もっとも、娘からは「来るな」と
言われておりまして・・・。

ここ数年は授業参観には行って
いません。

しかし、そのおかげで早起きができ
ました。

しかも、今日は、BSプレミアムで断続
的に見ていた「どんど晴れ」の再放送が
最終回を迎えましてね。

(「どんど晴れ」の総集編DVDのリンク、
載せておきましょう。↓)

連続テレビ小説 どんど晴れ 総集編 DVD2枚組

連続テレビ小説 どんど晴れ 総集編 DVD2枚組
価格:10,152円(税込、送料込)




やっぱり、朝ドラの最終回というものは、
どのドラマであれ、泣けてきますなあ。

亡くなったはずの大女将(草笛光子さん)
が現れたり、主人公の夏美(比嘉愛未
さん)が再び「座敷童(ざしきわらし)」
になったり・・・。

最後はハッピーエンドでね。

なかなかいいドラマでした。

ちなみに、次週からは「てるてる家族」
の再放送が始まります。

私は一度も見たことがありませんが、
また時折、当ブログでも触れていきたい
と思います。

(「てるてる家族」の総集編DVD、
期間限定で安くなってますよ。↓)




さて、今日の「とと姉ちゃん」です。

亡くなった「とと」こと竹蔵の代わり
をつとめることを約束した常子。

竹蔵の死の後も、涙を見せることなく、
気丈に振る舞っていました。

そんな常子を見て、疑問を感じる
次女の鞠子。

ほどなく、鞠子の感情は爆発して
しまいます。

鞠子、「つん姉ちゃんは冷たいよ!
どうしてそんなに冷たいの? ととが
死んで、悲しくないの?」

常子、「悲しいからって、何もしな
ければ、暮らしていけない」

常子は父の部屋に、会社の遺品を
持っていきます。

そこで、父の好きだったみかんを
見た常子は・・・。

泣いて、家を飛び出してしまった。

慌てて追いかける母・君子。

そこで、母に初めて「とととの
約束」について常子は語ると共に、
大泣きしてしまいました。

・・・泣いていいんですよ。

子どもの特権です。

甘えなきゃね、子どもは。

そんな常子は翌朝、亡き父が座って
いた定位置に座っては、母に「座って
下さい」と指示します。

鞠子と美子にも「座って座って」と
促します。

そして、常子、なんと、「決意表明」
をしました。

常子、「えー、本日から私、小橋常子は、
みなさんのととになります」

そして、毛筆で書いた「家族を守る!」
との張り紙も取り出しました。

鞠子は何も言いません。

美子はうれしそうです。

母の君子は、「ととは、何気ない暮らし
の一時一時を大切にしていた。ととに
なるって、そういうことじゃない?」と
常子を励ましました。

ここに、「とと姉ちゃん」が誕生
しました。

場面は4年後、昭和10年4月に飛びます。

いよいよ、高畑充希ちゃんが常子役と
して登場!

つづく・・・。

週の最後は、明るい雰囲気で終わって
なによりでしたね。

さて、明日ですが、【今週の「とと姉」
所感】の第1回目をお送りします。

第2週の見どころについても少し触れて
いければ。

こちらもどうぞ、お楽しみに!



*「暮しの手帖」、最新号です! ↓


posted by あらやまはじめ at 11:33| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 高畑充希 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック




「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ
にほんブログ村