2016年04月07日

【今日の「とと姉」所感・20160407・第4話】「常子」の名前は百人一首が由来なんですなあ・・・鞠子は「餅子」になるかもしれなかった?

今日の「とと姉ちゃん」を振り返る
前に・・・。

昨晩、当ブログでもお知らせしました
が、10月からの朝ドラ「べっぴんさん」
のヒロイン役に芳根京子ちゃんが選ばれ
ました。

彼女が「花子とアン」に出演していた
ことについても少し触れましたが、
私も自分で書いた所感記事をチェック
してみたら、ありました!

ちょっと、自分でもうれしくなりました
ので、紹介しておきましょう。

(コチラ、約2年半前の所感記事です。↓)

・【今日の花子とアン・20140904】カナダに帰国直前のスコット先生が渡したものは?・・・龍一の演技には考えさせられましたよ
http://idolarayama.seesaa.net/article/404847535.html


仲間由紀恵さんが演じた「蓮さま」の
娘・富士子を彼女は演じていました。

もっとも、彼女について触れた所感
記事はこれだけでしたので、登場シーン
自体はそんなに多くなかったことが
伺えます。

まあ、しかし、楽しみです。

実に楽しみです。

今から10月の放送が待ちきれないと
いった感がありますが・・・。

「とと姉ちゃん」も始まったばかり
ですからね。

早速、今日の「とと姉ちゃん」、
振り返ってみましょう。

常子の父、「とと」こと竹蔵は結核で
自宅療養の身となってしまいました。

咳が止まらない竹蔵。

そんな竹蔵の膝の上に無邪気に乗る
三女の美子。

本当にねえ、いいシーンですよ。

ああいう時代は、本当に戻ってきま
せんからねえ・・・。

帰宅した常子と鞠子は、すぐに竹蔵
の元へ行きますが・・・。

母の君子は「手を洗ってきなさい」と
娘たちをあまり近づけたくない様子。

君子はたぶん、知っているんでしょう
なあ。

竹蔵の先がそんなに長くないであろう
ことをね。

時は昭和6年の正月。

外で羽子板で遊ぶ娘たち。

美子は「ととも一緒に羽根つきやろう」
と誘いますが、母の君子が制止します。

そして、家の中で遊ぶことになります。

百人一首をやることになりました。

竹蔵が詠みます。

君子ばかりが札を取ってしまいますが、
「世の中は常にもがもな 渚漕ぐ」の
歌は、常子が札を取りました。

竹蔵が言うには、常子の名前はこの
百人一首に由来していると。

この歌について、竹蔵も説明していま
したが、百人一首解説のいいサイトを
見つけましたので、リンクを貼って
おきますね。

(コチラです。↓)

・ちょっと差がつく百人一首講座
http://www.ogurasansou.co.jp/site/hyakunin/093.html


かいつまんで説明すれば、「平和な
日常が永遠に続いてほしい」という
ことですなあ。

常子の名前がここに由来するという
のは、このシーン、非常に重要で
あったことが分かります。

しかし、その直後、鞠子の名前の
由来が「プクプクと鞠のように
丸かったから」と言って、場を
真剣になりすぎないようにした
のは、見事な演出でしたね。

鞠子はむくれますが、竹蔵は
「餅のようでもあったから、餅子
にしようとも思った」と言っては、
鞠子を納得させるあたりは、さすが
です。

名前の由来の説明って、案外難しい
ですからね。

場面が昭和6年4月に変わります。

桜が満開です。

しかし、竹蔵の病状はますます悪く
なり、家の中でも完全に隔離される
ようになってしまいました。

そんな中でも竹蔵は、ふすま越しに
美子としりとりをしたりして、明るく
振る舞っていました。

つづく・・・。

満開の桜を見て、今現在と季節が
重なりましたが、今日の雨で桜は
散ってしまいますかねえ・・・。

桜の季節だけは、雨はあまり降ら
ないでほしいものです。

まだ、花見もしてませんし。

・・・それはさておき、竹蔵の病状、
心配ですね。

明日か明後日の放送で竹蔵は亡く
なってしまうのか。

昭和6年といえば、西暦では1931年。

そろそろ、日本も戦争に向かって
いく頃ですなあ。

どう描かれるのか、それもちょっと
興味がありますが・・・。

まずは、竹蔵の病状ですね。

明日の放送、粛々と待ちたいと
思います。



*「朗読CD」が付いている百人一首なら、
一人でもできそうですね。 ↓



posted by あらやまはじめ at 11:46| 神奈川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 西島秀俊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック




「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ
にほんブログ村