2016年04月06日

【今日の「とと姉」所感・20160406・第3話】贋作だったピカッツァの絵をあえて買った「とと」竹蔵には感動ですね・・・結核にかかった竹蔵、もはやあと数日の命なのか?

ピカッツァの絵を汚してしまい、
専務の家に謝りに行った竹蔵と
3人の娘たち。

しかし、謝る竹蔵たちの前で、
専務は笑い始めました。

なんと、その絵、贋作だったと。

ところが、竹蔵、その絵を「頂いて
もいいですか? 買い取りたいん
です」と。

その真意は・・・。

「美子が墨で汚したとはいえ、みんな
で力を合わせて描いた傑作です。鞠子
と常子の優しさが生んだ名作ですよ」
と竹蔵。

・・・この「とと」に感動した視聴者は
多いことでしょう。

普通、できませんから、言えません
から、こういうことは。

10数年の子育て期間を思い返しても、
私はこういうことはやった記憶が
ありません。

というか、ほとんどの父親はない
でしょう。

さらに、竹蔵は「元々は、約束を
破ったととの責任です。改めて、
済まなかった」と娘たちに謝るの
ですから、脱帽ですよ。

そして、竹蔵、娘たちに「やはり、
行きましょうか、紅葉狩りに」と
言っては、喜ばせます。

父親の鑑ですね、ここまで来ると。

無事、紅葉狩りにも行けた小橋
一家でしたが、その夜、竹蔵は
「今仕事に行かないと、明日の朝、
家族みんなで朝食を食べられない
から」という理由で、会社に行き
ます。

竹蔵は両親を突然なくした経験
から、そうしたいと・・・。

娘たちの寝顔を見てから、会社へ
行った竹蔵。

壇ふみさんのナレーションが続き
ます。

「竹蔵が結核に倒れたのは、年の瀬も
押し迫った頃でした」

つづく・・・。

ひょっとして、竹蔵、今週中にも
亡くなってしまうのか?

あと数日の命?

・・・いやあ、そう来ますか。

そういえば、主演の高畑充希ちゃんが
どこかのインタビューで「西島秀俊
さんとは一度もお会いできなかった」
と語っていました。

来週から高畑充希ちゃんが登場する
でしょうから、確かに西島秀俊さん
が演じる竹蔵は、あと数回の放送で
亡くなってしまうのでしょう。

・・・残念ですね。

しかし、そういう善人だからこそ
早死にするというのも世の常でしてね。

もったいない。

西島秀俊さんの演技、私は今回の
朝ドラで初めて見たわけですが、
「抑えた演技が見事」な役者さん
だと思います。

もっと見たいですが・・・。

あと数回、目を凝らして、竹蔵、
いや、西島秀俊さんの演技に注目
したいと思いますよ。



*西島秀俊さんの本です。↓

MEMORIES OF VENICE [ 西島秀俊 ]

MEMORIES OF VENICE [ 西島秀俊 ]
価格:2,808円(税込、送料込)

posted by あらやまはじめ at 11:41| 神奈川 | Comment(0) | TrackBack(0) | 西島秀俊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック




「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ
にほんブログ村