2016年03月30日

【今日の「あさが来た」・20160330・第153話】やった、美和と平十郎、結婚へ!・・・梅の木を選んだあさ、「パチパチはん」につながっていたわけですなあ

今日は朝の段階で「あさが来た」を
見ました。

ですが、更新がここまで遅れてしまう
というのは、やっぱり娘が春休み
だからでして、今週は更新時間が
往々にしてバラバラになってしまう
であろうことを、どうぞご了承下さい。

さて、今日の「あさが来た」、冒頭で
あさは梅の木を植樹することを選択
しました。

これ、あさが幼少時に新次郎から
もらった「パチパチはん」が梅の木
でできていたことからだそうで、
いやあ、細部にまでこだわるこの
姿勢、私は頭が下がりますね。

ここまでつながっていたとはね。

新次郎は、もはや、あさの助けを
借りなければまともに立つことも
できない。

新次郎が医者に診てもらう間、
あさは梅の木のつぼみを見ては、
涙を流し・・・。

と、そこへ、亀助がやってきました。

「お客さんだす」と。

平塚明たち3人の女学生でした。

明は宜から「文句があるのなら、
正々堂々、本人の前で言え」と
言われ、あさの元へ来たと。

しかし、このシーンは・・・。

ちょっと見ていてつらかったですね。

千代が視聴者の代弁をしてくれ
ましたよ。

「だれのおかげで、こうやって意見
が言えると思っているのか?」

まさにその通りでしてね。

最終週にこの挿話はいらなかったの
ではないかと、私なんかは思いました
ねえ。

平塚明を演じた大島優子ちゃんも、
見ていて、ツラそうだったもの。

あさはヘコみます。

そりゃ、そうですよ。

いくら、あさだってねえ、面と向かって
女学生から文句を言われれば、それはね。

そんな中、新次郎への見舞いにお菓子を
持ってくる美和を見て、あさは「最近、
よう来ますなあ」と言うと、新次郎は
一言、「あさは鈍いなあ」と。

なんと、美和、平十郎に「もう、いい
加減、美和と呼んどくれやす」、さら
には「へえ言うのもやめとくれやす」
とまで言う。

平十郎、「何と呼べば?」と聞けば、
美和、「お前さん」と返答。

・・・平十郎、よかったね、と私は
言いたい。

いや、どうしても男目線で見てしまい
ますから。

あの美和と結婚ですよ!

「よくやった、平十郎!」と私は絶賛
したいですね。

つづく・・・。

さあ、残り3話です。

もう、ここまで来たら、先のことは
あまり詮索せずにね、粛々と「その時」
を待ちたいと思います。

無心で、明日以降の放送、期待したい
と思います。



*「パチパチはん」ですよ。↓




posted by あらやまはじめ at 14:22| 神奈川 | Comment(0) | TrackBack(0) | あさが来た・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック




「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ
にほんブログ村

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。