2016年03月16日

【今日の「あさが来た」・20160316・第141話】あさに励まされた成澤、歌を歌って、「日の出女子大学校」と命名?・・・東柳を「でくの坊の、憎むべきエリート」と称した宜、さて、千代は?

PCの調子が悪く、対策を打っている
うちに、また更新が遅れてしまい
ました。

そろそろ買い替え時かなあ、うちの
PCも。

さて、今日の「あさが来た」を振り
返る前に、お知らせです。

明日の「あさイチ」に、美和役で
おなじみの野々すみ花さんが
出演することが決定しました。

(*左が野々すみ花さんです。↓)




プレミアムトークなんですかね?

木曜ではありますが。

彼女のトークは、役柄以外では
一度も聞いたことがないので、
ちょっと楽しみですね。

今日の「あさが来た」に参りましょう。

あさが成澤に持ってきたもの、それは
弁当でした。

千代に手伝ってもらったのは、弁当
作りだったんですね。

「腹が減っては、戦は出来ぬ」という
ことですな。

意気消沈する成澤をあさは励まします。

・・・もう、あさは、成澤にとっての
「メンター」ですね、完全に。

「たたかれるうちが花」ということを
言いたかったあさ。

今の成澤の立場を「めでたい」とまで
言っては、成澤の表情も明るくなり
ました。

そんな成澤、食堂で、事務所で、さらに
東京に行っては大隈綾子の前で、なに
やら英語の歌を歌い始めました。

非常に分かりやすい男です、成澤は。

そんな成澤、創立する女子大学校の
名前を考えては、あさと新次郎の前で
打診しました。

「日の出女子大学校」。

「あさが来た」に通じる命名ですな。

あさも新次郎も賛成します。

そんな中、大隈綾子から手紙が届き
ました。

東柳が千代との見合い話を断ったと。

これ、東柳は政府への就職が決まって
いたことが明かされましたが、であれば、
いくら加野銀行といえども、大阪へ
婿入りというのは、当時としては
難しかったんでしょうね。

号泣する千代を、無言で優しく抱き
しめるあさ。

初めてじゃあないですか、この二人の
こういう心温まるシーンは。

いいシーンでしたよ。

ワンワン泣いた千代でしたが、泣き
終わると、部屋で「スッキリした」と
宜に明かします。

そんな千代に宜は加勢します。

「そないな、でくの坊の、憎むべき
エリート、忘れてしもうたらええんや」

快哉を叫びたくなりましたね、宜の
このセリフには。

イケメンに優しすぎます、現代の
日本人女性は。

宜の話を聞いた千代は、笑い始め
ました。

気を取り直した千代。

そんな千代の様子を部屋の外から
伺ったあさは、よのに報告に行き
ました。

つづく・・・。

よのは、何か考えていましたねえ。

動き始めるのかな?

今週のテーマは「おばあちゃんの
大仕事」です。

明日からの三日間、「よの、大活躍
の巻」となるのか。

大注目ですよ!



*宜役の吉岡里帆ちゃん、メガネを
外すと、こうなります。↓




posted by あらやまはじめ at 12:32| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 瀬戸康史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック




「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ
にほんブログ村