2016年03月11日

【今日の「あさが来た」・20160311・第137話】亡くなった忠興も「テケツ」を集めていたとは・・・新兵証書が届いた養之助が兵隊に取られ、藍之助は和歌山に帰ることに・・・つらい一話でしたね、今日は

昨日の当ブログ、先程アクセス数を
チェックしたら、過去最高を記録
しておりました。

「ありがとうございます!」と読者の
皆様には感謝ですが、これ「新兵
証書」について調べた方が多かった
ようでして・・・。

これ、私もちょっと調べましたが、
太平洋戦争時の、いわゆる「召集
令状」とは違うようですね。

ただ、似たようなものであることは
確かで、新兵証書が来たからには
兵隊さんにならなければなりません。

たな(隊)を(明)する
ですからね、とどのつまりは。

今日の「あさが来た」もそのシーンを
振り返るところから始まりましたが、
唐突だったのは、あさの父・忠興が
その数日後に亡くなったとの新聞
報道が画面に映ったところです。

忠興は、あさの母・梨江とは違い、
先週の時点で病床のシーンが映され
ていましたが、「うーん・・・」と私は
思ってしまいましたね。

「ここは、新聞報道で済ませては
いけないだろう」と。

しかし、「あさが来た」も放送の残りが
あと2週間ちょっとになって、言葉は
悪いですが「死人」が続出しています
なあ。

先週の菊、梨江についで、ここ2週間
で3人目の死者ですよ、忠興は。

もう、これ以上、登場人物を殺さないで
ほしいですね。

これで、よのとか、栄達、さらには
養之助あたりまで死んでしまうような
展開になってしまうと、これまで築き
上げてきたものが瓦解するような気が
してなりません。

「みんないなくなってしまった・・・」
なんてことにならないようにお願い
したいものです。

だいたい、朝から死人ばかり見たく
ないですよ、視聴者は。

さて、そんな暗い雰囲気で始まった
今日の「あさが来た」ですが、それを
ぶち破った男が一人います。

成澤ですよ。

慌てて走っては、加野銀行に飛び込んで
きました。

この大袈裟とも言える演技は、しかし、
暗い雰囲気を吹き飛ばすには十分な
効果があったと言えるでしょう。

なぜ、そんなに慌ててやってきたのか?

「銀行の神様」、渋沢栄一が女子大学校
設立に賛同してくれたからです。

三宅裕司さんが演じていましたなあ、
渋沢栄一。

あさも大喜びです。

しかし、もっと痛快だったのは、成澤
が帰る時ですよ。

自転車に乗って帰ろうとする成澤。

しかし、うまく乗れない。

すると、自転車を押して、走って帰って
いきました。

それを見た亀助、「持って走ってはる
だけだすがな!」と一言。

これ、一緒に見ていた、うちの中二の
娘は、珍しく、大受けしていました。

やっぱり、こういうシーンもないと、
子どもも喜ばないわけでしてね。

うまいですよ、演出が。

さて、その後、新次郎はあさに一冊の
本らしきものを見せることになりました。

亡き忠興の遺品。

あさがその本らしきものを開くと、
そこにはたくさんの「テケツ」が
きれいに並べられていました。

「テケツ」。

今で言う、鉄道の切符ですな。

もっとも、近年、SUICAなどの普及で、
私もここ数年切符を使うことはなく
なりましたが・・・。

思えば、私も小学生の頃、鉄道の
切符、というか、入場券を集めて
いました。

兄が鉄道好きでしたから、その影響を
受けたんですなあ。

まだ、何枚かありますよ、「テケツ」。

しかし、あさの知らないところで
忠興もテケツを集めていたとは、
やっぱり、親子なんですなあ。

あさはちょっと涙ぐんでいましたね。

いいシーンでした。

そんな加野銀行に、一人の客人が
突如やってきました。

栄達ですよ。

亡き菊の夫。惣兵衛の父。はつの義理
の父であり、藍之助と養之助の祖父。

あさが迎え、新次郎が藍之助を連れて
きました。

栄達、「養之助が兵隊に取られて
しもうた。もう、来月には出発や。
みかんの取り入れで忙しゅうなる
時やのに・・・」

そして、栄達、藍之助に言います。

「帰ってきてくれ!」

さらには、栄達、新次郎に土下座を
しては「新次郎さん、この子を
和歌山に返してくんなはれ!」と・・・。

そして、藍之助、自分の名が書かれた
札(今でいう、ネームプレートですな)
を手に取っては、面倒見がよかった
平十郎に「これ、記念にもらっても
よろしいでしょうか」と・・・。

藍之助、栄達に連れられ、加野銀行を
去ることになりました。

平十郎、涙・・・。

つづく・・・。

平十郎は確かに、藍之助を昼食に
連れていったりして、面倒をよく
見ていましたからねえ。

しかし、まさか、あの平十郎が涙
とはねえ・・・。

ちょっと、グッときてしまいましたよ、
私は。

さて、放送の最後、あの雁助が
ふらっと、加野銀行の方へやって
きました。

驚くも、歓迎する一同。

今週のテーマは「大番頭のてのひら」
でした。

今週最後の放送となる明日、雁助は
何をするのか。

うめとの関係性に再び変化が訪れる
のか。

ここに期待ですな、明日は。



*「あさが来た」、待望のファンブック
です! ↓

あさが来たファンブック

あさが来たファンブック
価格:1,296円(税込、送料込)



posted by あらやまはじめ at 11:41| 神奈川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | あさが来た・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック




「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ
にほんブログ村