2016年03月01日

【今日の「あさが来た」・20160301・第128話】はつからの優しい言葉に、「菊の目にも涙」・・・BSプレミアムの「どんど晴れ」同様、今日は朝から涙腺が緩みまくりです

早いもので、今日から3月です。

うちの中二の娘も今週14歳になります。

・・・なんということか。

どうりで、私もトシを取るわけです。

それにしても、毎朝「あさが来た」を
見る前にBSプレミアムで娘と一緒に
見ている「どんど晴れ」の再放送、
今日は、夏美(比嘉愛未さん)と
柾樹(内田朝陽さん)が結婚式を迎え、
過去の名場面が次から次にVTRで流れ
ました。

小田和正さんの主題歌「ダイジョウブ」
に乗って。

・・・もうねえ、涙腺が緩みっぱなし
でしたよ、朝から。

そんな感動的な「どんど晴れ」の後、
今日の「あさが来た」は、これもまた、
私の涙腺を大いに緩める一話となり
ました。

ちょっと見ていきましょう。

千代から相談を受けることになった
あさ。

聞けば、千代、宜についての相談を
し始めた。

あさは「せっかく、あんたの頼み
だす、考えて見ますわ」と答えます
が、その後、千代の将来のことに
ついて話し始めると、千代がまた
反発し始めました。

・・・この母子を見ていると、せつなく
なってきますねえ、だんだん。

あさは新次郎に「もう、うち、一生
千代とは話せえへん」と愚痴を言い
ます。

そんなあさに、新次郎は、千代が
よのの腰や肩をマッサージして
あげる姿を見せます。

親の前では決して見せない、子の
優しげな表情。

・・・つくづく、親子関係の難しさを
痛感します。

場面は和歌山に変わりました。

病床の菊が、わめいています。

慌てて、駆けつけるはつ。

菊は夢を見ていました。

蔵の夢。

はつは、菊にかつて蔵に閉じ込め
られたことを思い出しては、複雑な
表情になります。

しかし、菊、意外なことを口に
し始めました。

「私も子どもの頃、よう母親に閉じ
込められてましたんや」

山王寺屋の一人娘として、跡取りを
期待された菊、幼少時は相当厳しく
躾けられたことが初めて明かされ
ました。

そして、惣兵衛も何度も蔵に閉じ
込めたことも・・・。

現代で言えば、「押入れ」に閉じ
込めるようなものでしょう。

これはねえ、憎しみしか生みません
よ。

私はあまりそういう目には遭わな
かったですが、女房がそういう目に
遭っていたようで、子どもが生まれて
から「押入れに閉じ込める」なんて
ことを言うことが多かった。

私は断固拒否しました。

恐怖だけ与えても、それはいずれ
自分に返ってくると思っていたから
です。

菊がいみじくも語っていましたが、
惣兵衛、だんだん抵抗しなくなった
と・・・。

そうなってしまうんですよ。

しかし、はつはどこまでも優しい。

「一つだけ言い忘れてたことがあり
ました」と言っては、「旦那様を、
あなた様の息子の惣兵衛さんを
産み育ててくれはって、おおきに」
と・・・。

だれもそんなことを菊にはこれまで
言ってくれなかったことでしょう。

菊の長年の苦労も報われた瞬間
だったのではないでしょうか。

横になって、はつに腰をもんで
もらっていた菊、その目からは涙
が・・・。

「菊の目にも涙」です。

つづく・・・。

放送の最後、あさは亀助を連れて、
京都に向かいました。

女学校の寄付集めだけでなく、
他にも思惑がありました。

千代と宜の住む寄宿舎へ行って・・・。

明日は、あさ、宜と話をすることに
なるのでしょう。

そして、宜の母親とも話をすること
になるかな?

そんな予感がしてきました。

いい方向に進めばよいですが・・・。

明日の放送も期待しましょう!



*「あさが来た」同様、この「どんど
晴れ」にも私は今、相当ハマッてます。↓

どんど晴れ スペシャル [ 比嘉愛未 ]

どんど晴れ スペシャル [ 比嘉愛未 ]
価格:7,387円(税込、送料込)






posted by あらやまはじめ at 11:09| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | あさが来た・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック




「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ
にほんブログ村