2016年02月08日

【今日の「あさが来た」・20160208・第109話】はつが作った「鯖のかきまぜ飯(さばのかきまぜめし)」はおいしそうでしたなあ・・・今日の午後、笹峯愛さん作・演出のaibookの舞台「ミルフィーユ」を見に行きます!

今日の「あさが来た」を振り返る
前に・・・。

今日の午後、下北沢に行って、舞台
を見ます。

笹峯愛さん作・演出のaibookの
舞台「ミルフィーユ」です。

先日、私の姉妹ブログの方に少々
記事を載せました。

(コチラです。↓)

・笹峯愛さん作・演出のaibook「ミルフィーユ」を2月8日に見に行くことにしました!・・・東北を舞台にした震災後の家族の物語ですか、楽しみですね
http://idolarayama.seesaa.net/article/433441711.html


私も東北出身で、震災の時には
仙台にいましたので、テーマと
しては、身近といえば身近です。

まあ、なかなか思い出したくない
部分もないわけではありませんが、
あの時のことがどう描かれるのか、
これは非常に興味があります。

内容によっては、明日の当ブログの
冒頭でまた触れるかもしれません。

こちらもご期待頂ければ・・・。

さて、今日の「あさが来た」ですが、
「和歌山編」、始まりましたよ!

あさと新次郎は、大阪から船に乗って
和歌山の有田へ行ったことが放送では
伝えられました。

みかんがたくさん木になっていて、
なんとも明るい映像になりましたね。

はつの家に向かう道中、あさは地元
の少年たちに洋装をからかわれます
が、そこにははつの次男の養之助も
いました。

からかう少年たちの声を聞いて、
飛んできたのが惣兵衛です。

あさが「惣兵衛さん?」と気付いた。

惣兵衛も「妹さん? 新次郎さん!」
と声を上げては、笑顔になりました。

惣兵衛があさと新次郎を連れて
帰宅すると、はつが混ぜご飯を
用意していました。

鯖のかきまぜ飯。

「さばのかきまぜめし」ですなあ。

あれ、最近、コンビニでも見かけ
ますが、おいしいんですよねえ。

(こんな感じの・・・。↓)




しかし、手作りで、しかも、できたて
であれば、間違いなくおいしいはず
です。

しかも、はつが作ったというので
あればね。

朝ご飯を食べたばかりでしたが、
あれを見たら、またお腹が空いて
きましたよ。

新次郎は、その鯖のかきまぜ飯を
口にしては、味噌汁をすすると、
一言、「こら、おいしいこと!」
と言っては、「この味は大阪では
お目にかかれへん」と感想を述べ
ます。

心温まる眉山家からのおもてなし。

そのおもてなしに見事に応える
新次郎。

いいシーンでした。

そんな折、村の世話役の倉掛が
やってきました。

手には「白岡あさ女史」の記事が
載った新聞を手にしています。

倉掛ははつのことを「はつ先生」
と呼んでいることに、あさは驚き
ました。

はつと菊は倉掛に琴を教えていると。

・・・何事も覚えておくものですなあ。

無駄になることなんて、一つも
ありませんよ。

倉掛は自分の息子を東京の学校に
行かせていますが、「この村を
息子と藍之助くんとで背負うて
もらいたい」と期待します。

下を向く藍之助。

惣兵衛とはつは複雑な表情で
藍之助を見ました。

つづく・・・。

村の将来をどうするか。

これは、いつの時代でも、どこの
村でも抱えている問題でしょう。

でもねえ、藍之助は大阪に出て、
加野銀行で働きたいわけですから
ねえ。

大阪で成功して、故郷に錦を飾って
貢献するということだって、できる
はずです。

まあ、なかなかそこまで思いが至ら
ないのが現実なんですがねえ、村の
人々にとっては。

難しい問題ですよ。

明日の放送では、その部分にもう
少し突っ込んでくれそうな予感が
します。

期待しましょう!



*みかんもそろそろ値段が高くなって
きましたが、この有田みかんは比較的
お買い得ですね。↓

完熟有田みかん わけあり混合サイズ 5kg

完熟有田みかん わけあり混合サイズ 5kg
価格:2,480円(税込、送料別)

posted by あらやまはじめ at 10:56| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 宮アあおい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック




「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ
にほんブログ村