2016年02月04日

【今日の「あさが来た」・20160204・第106話】横田美紀ちゃんが演じる「工藤サカエ」が、今後の加野銀行のカギを握る?・・・4人の女子行員を採用面接したあさは、もはや「重鎮」ですな

今日の「あさが来た」、冒頭は、
あさから手紙を受け取ったはつが
藍之助に憤るシーンから始まり
ました。

一方、加野銀行には、上客の工藤
徳右衛門が「娘の縁談の相談」を
しにやってきます。

この工藤徳右衛門を演じるのは、
曾我廼家八十吉(そがのややそきち)
さんという役者さんです。

一度見たら、忘れられない、長い名前
ですなあ。

この工藤の娘は、「成績がいいから
女学校に行ったが、変に知恵がついた」
と工藤は嘆いています。

そんな工藤を見たあさは、考えます。

平十郎と晴花亭に行ったあさ。

あさ、「おなごも同じように働かんと」

美和は同意。

そんな美和に見とれる平十郎。

とそこへ、女性の給仕(きゅうじ)が
あさに飲み物を運んできました。

それを見たあさ、ピンと来ました。

加野銀行に戻ると、あさは榮三郎
頭取、新次郎、平十郎の前で宣言
します。

「おなごの行員を入れたい」

全員反対。

しかし、あさは「今までありえへん
かったとしても、それで成功すれば、
他の銀行を引き離すことができます」
と反論。

さらには、「その子たちの給料も、
信用してもらえるまで、うちが
出します。責任取ります」と。

このバイタリティはすごいですね。

脱帽ですよ。

そして、女子行員を採用すべく、
あさは新聞に公告を出して、自ら
面接をすることになりました。

この採用面接のあさの様子を見て
いると、もはや「重鎮」ですな。

結果、4人の女子行員を採用する
こととなりました。

その中には、先に出てきた工藤の
娘、サカエも含まれていました。

工藤サカエ。

横田美紀ちゃんという、若手の
女優さんが演じています。

このサカエが、今後の加野銀行の
カギを握るんじゃないですか。

そんな予感がします。

もっとも、サカエは、まだちょっと
幼いというか、ホワンとした印象が
ありますがね。

今後の期待株でしょう。

あさは採用した女子行員を一時間
早く来させて、そろばんを教える
など、精力的に動きました。

つづく・・・。

しかし、あさは、現代の基準で
言えば、完全に「経営者」ですな。

女性だけでなく、男性から見ても
勉強になりますよ。

さて、今日の放送の最後、再びはつが
登場しましたが、大阪にやってきま
した。

明日は、このはつが久々に「本日の
主役」になりそうな気がしますね。

期待しましょう!



*横田美紀ちゃん、「ホテルコンシェルジュ」
の第7話に出演していたと・・・探してみま
しょうか。 ↓

ホテルコンシェルジュ DVD-BOX [ 西内まりや ]

ホテルコンシェルジュ DVD-BOX [ 西内まりや ]
価格:14,865円(税込、送料込)

posted by あらやまはじめ at 11:31| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | あさが来た・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック




「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ
にほんブログ村