2016年01月25日

【今日の「あさが来た」・20160125・第97話】はつの笑顔に癒されたのは、千代だけではない、視聴者も一緒です!・・・大きくなった藍之助を演じているのは、森下大地くんですか、覚えておきましょう

「あさが来た」の第17週が始まり
ました。

今週のテーマは「最後のご奉公」
です。

今日の放送は、まず、先週の放送の
続きからの開始となりました。

はつが、大きくなった息子の藍之助と
義母の菊を連れて、加野屋に立ち寄り
ます。

あさにとっては、はつとの対面は、
なんと10年ぶりです。

パッと見、だいぶ日焼けしたはつ
ではありますが、あの笑顔は全く
変わっておらず、視聴者としては
安心しましたね。

ホッとする笑顔を見せてくれるはつ、
やっぱり、この「あさが来た」には
欠かせません。

冒頭のシーンでは、物珍しげに動き
回る藍之助を叱るはつに、あさが
驚いていました。

菊は「あのお人形さんみたいだった
はつさんも、今や、肝っ玉お母ちゃん
だす」と説明。

しかし、あれくらいなら、全然大丈夫
ですよ。

もっと怖い「肝っ玉お母ちゃん」ばかり
でしょう、世の中は。

はつはあさとの再会を喜びますが、
そこで千代の姿を遠くに見つけます。

あさが千代を手招きします。

はつは、しゃがんでは、千代を
抱きしめ、「会いたかったわ」と
言っては、「はじめまして。うちが
あんたのお母ちゃんのお姉ちゃん
やで。おみかんのおばちゃんやで」
と挨拶。

千代は、恥ずかしくなったのでしょう、
逃げてしまいました。

あさ、「なに、照れてますのやろ?」

・・・この千代の気持ち、たぶん、男
には一生分からない感覚でしょうなあ。

分からない。

幼い頃のこういう感覚、男の場合、
年長の男性にこのように恥ずかしく
なることは、まずありませんから
ねえ。

というか、私は経験がありません。

あるのかもしれませんが、思い出せ
ません。

千代は、あさに、あんな風に優しく
されたことがないから、どぎまぎ
したんでしょうかねえ。

これは、女性陣にしか分からない
世界だと思いますよ。

菊とよのは別室で、話に花が咲きます。

これはこれで、いいシーンでした。

しかし、菊はだいぶ、丸くなりましたね。

よかったですよ。

新次郎は、加野屋に興味深々の藍之助を
連れては、加野屋の中をいろいろと
紹介していました。

そこにいたのが「へぇさん」です。

この「へぇさん」がいかに細かい人間
であるかが挿話として描かれていました。

うまいですねえ、こうして、さりげなく
人物説明を取り入れるというのにはね。

藍之助は、あさがそこで働いている
ことに驚きました。

あさが一仕事を終えると、ようやく
はつと話ができることに・・・。

一方、新次郎は千代に藍之助を紹介
しました。

つづく・・・。

藍之助が気になりましたね、今日は。

加野屋に興味津々の藍之助。

よのと菊の話でも、藍之助がいかに
優秀であるかが視聴者にも伝えられ
ました。

あさが男性陣と一緒に働いている
ことにも驚いていました。

この感性、いずれ、重要な役割を
果たすのではないかと予想されます。

最後には、千代への紹介のシーンも
ありましたしね。

気になって調べましたよ、私も。

この藍之助を演じているのは、森下
大地くん。

まだ10代なんですなあ。

若いねえ。

がんばってほしいねえ。

覚えておきましょう。

しかし、はつ、というか、宮アあおい
さんの笑顔には癒されましたなあ。

千代だけではありません、視聴者も
一緒ですよ。

本当に、いい笑顔。

今日はいい朝が迎えられましたね、
彼女のおかげでね。



*ドラマガイドのPart2、本日発売です! ↓






posted by あらやまはじめ at 10:28| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 宮アあおい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック




「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ
にほんブログ村