2015年07月21日

【今日のまれ・20150721・第98話】柳楽優弥くん演じる大輔が、久々の存在感を見せつけましたね、今日は・・・圭太が倒れた? 希、能登に帰ることになるのか?

安西の逮捕で大騒ぎの一同。

動揺を隠しきれない徹は、電話をしに
行ったり、電話がかかってきたりで、
「何かある」と希と藍子に追及されます。

「安西さんの会社が、オレの会社の
保証人」

徹は白状します。

安西の会社を通して、金融機関から
5000万円を借りていると。

ここで分かりやすいセリフを言って
くれたのが、司法書士の大輔です。

「保証人になるとき、上場してくれ
って言わなかった? そうやって、
自分で会社を作らないで、売買して
儲けるんだよね。詐欺だよね」

藍子は「5000万円」と聞いて、へなへな
と倒れてしまいます。

翌朝、希は大悟から職場で「パスポート
取ったか?」と聞かれます。

「もう少し待ってください」と希。

圭太に相談しようにも、電話に出ない。

大輔が珍しくケーキを買いに来ます。

「やめようと思ってるの?」と希に聞く
大輔。

「お父さんのことは、オレに任せて。
オレ、司法書士なんだよ。自己破産
処理のプロだからね」

希の表情が曇る。

大輔は続けます。

「自分のせいで娘がフランスに行けなく
なったら、嫌でしょ、親なら」

この大輔の助言は大きかった。

希は、徐々にフランス行きに心が傾き
ます。

藍子にも「お母さん、うち、フランスに
行っていいかな」と問えば、藍子も
「お父さんの言うとおり」、行くことを
すすめます。

圭太にも早速連絡しようとしたその時、
圭太の携帯から電話が。

しかし、電話の主は、圭太ではなく、
岡野でした。

「希さん、能登に帰ってきて。圭太が
倒れた」

つづく・・・。

えてして、こうなります。

遠距離結婚のつらさですなあ。

明日の放送で、希は能登に帰ることに
なるのでしょう。

しかし、今日の放送では、柳楽優弥くん
演じる大輔が、久々の存在感を見せつけ
ましたねえ。

最近の大輔、いいですよ。

彼にしかできない役割を存分に果たして
いるというかね。

能登の風景が再び見られるのかな、明日
の放送では。

圭太は心配ですが、成り行きを見守る
ことにしましょう。



*Part2は、7月24日発売です! ↓



posted by あらやまはじめ at 10:07| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | まれ・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック




「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ
にほんブログ村

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。