2015年02月06日

【今日のマッサン・20150206・第107話】さよなら、英一郎・・・鴨居の大将が政春に「お前のおかげや」と・・・

また、やってしまった。

「マッサン」の後の「あさイチ」。

今日のプレミアムトークのゲストは、
石田ゆり子さんですよ。

見ないわけにいかない。

私が最も好きな女優さんの一人。

しかし、彼女のトークをここまで聞いた
のは、初めてかもしれません。

そうか、「天然」なのか。

いいんです、別に天然だろうが、なん
だろうが。

好きなものは好きなんだから。

・・・「マッサン」に戻りましょう。

昨日までの放送とは打って変わって、
今日はなんとも物悲しい一話となって
しまいました。

英一郎、死す。

鴨居の大将も久々に登場しましたが、
考えされられるセリフが今日は多かった。

政春とエリーが英一郎の葬儀のため、
遠く北海道から列車に乗って、大阪に
やってきました。

大将、二人を見ると、「あいつが初めて
仕込んだ原酒、飲んでみてくれ」と。

政春、「うまいです」

エリー、「おいしい」

「うそつけ」と大将。

「まだ若い。若すぎる」

・・・。

工場で心臓発作で倒れたという英一郎。

大将、「何があかんって、親より先に
死んだらあかん。絶対」

・・・。

大将、「英一郎、ずっと二人の話ばかり
しとったで、北海道に行った後も」

英一郎の仕込んだウィスキーの樽を
叩いて、悔しがる政春。

エリーはずっと泣いている。

政春、「大将、ウィスキー飲ませて
もらいました。うまかったです」

大将、「お前のおかげや。お前の
おかげで丸瓶は売れた。お前がいな
かったら、鴨居商店はウィスキー、
造れんかった」

そして、大将は「英一郎は、マッサン
が北海道で造るウィスキーを飲みたい
と言っていた。造ったら、英一郎の墓
にでもそなえてやってくれ」

大将が言葉を詰まらせている。

「マッサン、エリーちゃん、おおきに」

頭を下げる大将。

つづく・・・。

この英一郎の死によって、政春はまた
ウィスキー造りへの情熱が湧いてきた
ことは間違いない。

「何をやってるんだ、俺は?」

考えてみれば、「マッサン」もあと
2か月弱の放送です。

いよいよ、北海道でのウィスキー造り
が本格化してくるんでしょうか。

しかし、本当にいろいろなことがあった
んですなあ。

ウィスキーを造るためにね。

何度でも言いたいですが、ウィスキーを
飲むときは心して飲まないとダメですね、
もう。

明日で今週の放送も終了。

決意を新たにしたであろう政春の今後
が気になります。



*これ、私も持ってます。↓

posted by あらやまはじめ at 09:27| 神奈川 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 浅香航大 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック




「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ
にほんブログ村