2019年01月30日

【BSP再放送・今日の「べっぴんさん」・20190130・第100話】さくらを大急に連れていき、栄輔に頭を下げ、すみれを励ました五十八、今日の放送で倒れてしまうとは・・・栄輔はここいらで一歩立ち止まらないと

お待たせしました。

今日の「べっぴんさん」について、
私が当ブログに記載した過去記事を
抜粋してお届けして参ります。

予約投稿ですので、追記なしで
参ります。

では、2年前の記事、どうぞご覧
下さいませ! ↓

**********************************

【今日の「べっぴんさん」・20170201・第100話】さくらを大急に連れていき、栄輔に頭を下げ、すみれを励ました五十八、今日の放送で倒れてしまうとは・・・栄輔はここいらで一歩立ち止まらないと


すみれが大急で悦子たちを手伝って
いると、意外な人物が顔を出しました。

昨日の放送で、メリヤス工場の職人と
して登場した橋詰です。

「孫ができた」とすみれに報告しては、
「孫ができたら、キアリスさんで揃え
たかった」とうれしいことを話して
くれました。

すみれは橋詰に赤ちゃんの肌着など
をプレゼントすると共に、「ごめん
なさい。何も気付かずに、当たり前
のように作ってもらっていて・・・」と
謝ります。

すると、橋詰は「ワシらは励みに
なったんですよ・・・足立さんですよ」
とすみれに話しました。

武がいつも工場に来て、メリヤスや
機械を見て褒めてくれたことが、
橋詰たちの励みになっていたと・・・。

すみれ、「足立に伝えます!」

お互いに礼をした場面を、少し遠く
から「エイス」で客対応をしていた
栄輔が見ていました。

場面はゆりの家に変わります。

久々に五十八が訪れました。

さくらもうれしそうです。

五十八は、ゆりの小さい頃のことを
さくらに話しては、「ちょっと、
おじいちゃんと一緒に出かけへん
か?」と誘います。

五十八が連れていったのは大急
でした。

すみれたちが企画した「女の一生」
の展示です。

と、そこへ栄輔が通りかかりました。

一礼した栄輔に、五十八は褒めると
共に、「すみれたちを助けてくれ
へんか、力貸してくれんか。この
とおりや」と大声で懇願。

頭まで下げた。

困惑する栄輔。

闇市にいた頃、栄輔は潔だけでなく、
五十八にもお世話になっていました。

栄輔は、ポケットに両手を突っ込む
のをやめて、虚勢を張るのはやめて、
ここいらで一歩立ち止まらないと。

おかしいですよ、やってることが。

しかし、すみれがこの展示の初日に
挨拶で語ったスピーチをさくらに
紹介したのは、本来の栄輔らしい
優しさを感じました。

すみれや五十八に会ったことにより、
少しずつ、「昔の姿」を取り戻して
きているのかもしれません。

さくらも考えるところがあった
でしょう。

「ヨーソロー」に行くと、二郎が
ドラムを叩いていました。

二郎がさくらに話しかけます。

「ワシが東京行って成功すると思うか」

さくら、「当たり前やないの。何を
言うてるの。二郎さんらしくない」

二郎がうつむきます。

さくら、「どうしたの? 五月さんの
こと?」

二郎、「手紙が来た。他に好きな男が
できたって・・・しゃあないな」

さくら、「私がいる! 今までどおり
の二郎さんでいて。大丈夫やから」

・・・ああ、もう、甘酸っぱいねえ!

青春だなあ。

「今までどおりの〜さんでいて」と
いうセリフ、これはねえ、ちょっと
見ているこちらの方が気恥ずかしく
なりますなあ。

あえて、挿入したのかもしれません
がね。

場面は「キアリス」へ。

工場回りから帰ってきた武にすみれは、
橋詰が「武に励ましてもらった」件を
話しました。

こういうのは、やる気が出ますよねえ。

よかったね、たけちゃん。

その夜、帰宅したすみれ。

五十八は、紀夫もいる前ですみれに
「ままならないことがあっても、
一生かけての宿題だと思えば、
人は一生成長していける。それは
仕事だけやないで」と忠告すると
共に、励ましました。

納得するすみれ。

五十八、「明日、帰るわ」

飾ってある家族の写真を手に
取って、懐かしそうに眺めて
いた五十八。

と、突然、胸を抑え、苦しそうな
表情に・・・。

つづく・・・。

まさか、今日の放送で倒れて
しまうとは・・・。

しかし、思えば、すみれが30代半ば
という設定ですから、五十八も50代
後半〜60代くらいでしょう。

気付けば、もうそんな年齢になって
いたわけです。

昨日から今日の放送にかけての五十八
の働きぶりは見事でした。

さくらを大急に連れていき、すみれの
窮地を救うために栄輔に頭を下げ、
最後はすみれに忠告すると共に、
父親らしく励ましてあげた。

五十八にしかできないことを、あの
短時間で存分に視聴者に見せつけて
くれましたね。

密度の濃い時間を感じられた最後に
このような展開が待っていたとは・・・。

何もないことを願いたいですがね。

明日の放送、ちょっと五十八の容体は
きちんと注視しないといけませんよ、
これは。

**********************************

以上です!

ちなみに、オリジナル記事は、当ブログ
の中にあります。

リンクを貼っておきますので、興味の
ある方は、ご覧下さいませ。

(コチラです。↓)

・【今日の「べっぴんさん」・20170201・第100話】さくらを大急に連れていき、栄輔に頭を下げ、すみれを励ました五十八、今日の放送で倒れてしまうとは・・・栄輔はここいらで一歩立ち止まらないと

http://arayama-asadora.seesaa.net/article/446538954.html

次回もお楽しみに!



*五十八役、生瀬勝久さんです! ↓





posted by あらやまはじめ at 08:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | 生瀬勝久 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする




「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ
にほんブログ村