2018年06月30日

【BSP再放送・今日の「マッサン」・20180630・第78話】今年最後の「マッサン」は、厳しい内容、というかちょっと乱暴でした・・・俊兄ぃの「男気」だけが救いでしたね

お待たせしました。

今日の「マッサン」について、私が
当ブログに記載した過去記事を抜粋
してお届けしたいと思います。

当時は2014年最後の放送でした。

早いものですなあ。

では、3年半前の記事、どうぞご覧
下さいませ! ↓

**********************************

【今日のマッサン・20141227・第78話】今年最後の「マッサン」は、厳しい内容、というかちょっと乱暴でした・・・俊兄ぃの「男気」だけが救いでしたね


今年最後の「マッサン」ですが、いやあ、
厳しい内容になりました。

今日の主役は俊兄ぃでしたね。

しかし、ちょっと物悲しかったとでも
いいましょうか。

一人考え込むマッサンを見て、俊兄ぃは
「おぼっちゃまは、好きにすりゃあいい
んです。旦那さまは信念の人。決して
信念を曲げなかった。おぼっちゃまも
自分の信念を貫いてください」と言っては、
「わしゃ、何があっても、おぼっちゃまの
味方ですけん」と・・・。

さらには、他の従業員も俊兄ぃに続き
ました。

ちょっと泣けたね、これには。

工場長冥利に尽きたことでしょう、政春も。

政春は、大将との面談で、「なぜ鴨居
ウヰスキーが売れなかったか考えたが、
分からなかった」と吐露します。

大将は「問題はスモーキーフレーバーや。
日本人の舌に合ったウィスキーを造ろう」
と言いますが、政春は「それはできません!」
と。

政春は「ウィスキーの味が分からん人には
飲んでもらいたいとは思いません」とまで
言う。

大将、「もう、ええ」と社長室を出ていき
ます。

この展開は、ちょっと意外でした。

というか、展開が早いですよね、ここ何回か。

政春はどうしてそこまで頑なになって
しまったのか?

さらには、大将、ウィスキーのブレンドを
するため、京都の教授を呼んだ。

これに、政春はもちろん、俊兄ぃも激怒。

ついには、俊兄ぃ、ボイコットをして
します。

大将、「おまえら全員クビや」

呆気にとられました。

ここの場面は、もうちょっと丁寧に
やってほしかった。

これでは、大将が「血も涙もないワン
マン」にしか見えませんよ。

そして、俊兄ぃは、退職することになって
しまいます。

しまいには、政春は大将から「鴨居商店に
残りたかったら、営業に回れ」と・・・。

来年につづく・・・。

はっきり言いましょう。

乱暴です、この展開は。

うーん、ちょっと年末の放送になんと
しても合わせたかったとしか思えない。

がっかりです。

来年の予告。

政春の母・早苗がお亡くなりになる?

エリーとの和解も見どころです。

来年に期待するしかありませんね。

明日は、【今週のマッサン】で締めたい
と思います。

こちらもどうぞお楽しみに!

**********************************

以上です!

ちなみに、オリジナル記事は、当ブログ
の中にあります。

リンクを貼っておきますので、興味の
ある方は、ご覧下さいませ。

(コチラです。↓)

・【今日のマッサン・20141227・第78話】今年最後の「マッサン」は、厳しい内容、というかちょっと乱暴でした・・・俊兄ぃの「男気」だけが救いでしたね

http://arayama-asadora.seesaa.net/article/411353192.html

次回もお楽しみに!



*メモリアルブック! ↓





posted by あらやまはじめ at 19:58| 神奈川 ☁| Comment(0) | 八嶋智人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする




「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ
にほんブログ村