2018年02月21日

【BSP再放送・今日の「花子とアン」・20180221・第123話】泣かせるなよ、花子、そしてNHKさんよ・・・歩ちゃんをあの場面で登場させるとは・・・

お待たせしました。

今日の「花子とアン」について、
私が姉妹ブログに記載した過去
記事を抜粋してお届けしたいと
思います。

今日は泣けました。

その一言です。

では、3年半前の記事、どうぞ
ご覧下さいませ! ↓

**********************************

【今日の花子とアン・20140820】泣かせるなよ、花子、そしてNHKさんよ・・・歩ちゃんをあの場面で登場させるとは・・・


泣けましたね、今日の「花子とアン」は。

ちょっと振り返ってみましょう。

ラジオ出演が決まった花子ですが、有馬
なる男性アナウンサーにしごかれます。

そりゃ、そうですよ、マイクの前で
話したことはないんですから。

ただね、花子の強みは、これまでに何度も
子供たちの前で話をしてきたということ。

初出演の前に飛び込んできたニュース
原稿を「子供たちに分かりやすいように」
と手直しをするあたり、非凡ですよね、
花子は。

また、それを理解してくれる黒沢がいた
からこそ、花子もなんとか初回の放送を
こなすことができた。

一人だけではないということを思い知ら
されますねえ。

そしてね、ラジオ局に行く前に、英治
から渡された歩ちゃんの写真。

「歩に話しかけるように読むといいん
じゃないかな」と英治は言いました。

それを、見事に実践しましたよ、花子は。

そしてねえ、花子が原稿を読み終えた
とき、そこにいるはずのない歩ちゃんが
姿を現わしては「JOAK、こちらは東京
放送局であります」と話しては、「おかあ
ちゃま」と語りかけた。

もうだめ。

もうだめです。

涙腺決壊。

ドラマということは分かっています。

それでも、ここで歩ちゃんを登場させる
のは、反則ですよ、NHKさん。

花子は涙した。

全国の視聴者も涙したであろう。

私でさえそうなのだから。

ああ、もう。

これから、花子は「ラジオのおばさん」
になっていくのかな。

翻訳もしてね。

素晴らしい人生。

もう既にこの時点で、いわゆる「ロール
モデル」と言っていい。

考えられませんよ。

花子の人生は。

男も見習った方がいいね、村岡花子の
人生は。

私も少しでも見習います。

ありがとう、花子。

**********************************

以上です!

ちなみに、オリジナル記事は、私の
「舞台・演劇ブログ」(旧・アイドル
ブログ)の中にあります。

リンクを貼っておきますので、興味の
ある方は、ご覧下さいませ。

(コチラです。↓)

・【今日の花子とアン・20140820】泣かせるなよ、花子、そしてNHKさんよ・・・歩ちゃんをあの場面で登場させるとは・・・

http://idolarayama.seesaa.net/article/404063715.html

次回もお楽しみに!



*昔のラジオ、通販で買えますよ。↓






posted by あらやまはじめ at 12:45| 神奈川 ☁| Comment(0) | 吉高由里子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする




「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ
にほんブログ村

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。