2018年02月14日

【BSP再放送・今日の「花子とアン」・20180214・第117話】花子にかける言葉が見つからない・・・疫痢(えきり)で命を失った歩くんのご冥福をお祈りいたします・・・

お待たせしました。

今日の「花子とアン」について、
私が姉妹ブログに記載した過去
記事を抜粋してお届けしたいと
思います。

ちなみに、「疫痢(えきり)」とは
今で言う「赤痢」、伝染病ですね。

合掌・・・。

では、3年半前の記事、どうぞ
ご覧下さいませ! ↓

**********************************

【今日の花子とアン・20140813】花子にかける言葉が見つからない・・・疫痢(えきり)で命を失った歩くんのご冥福をお祈りいたします・・・


歩くんに、こういう結末が待っている
とは・・・。

今日は、感想を書くのも、非常に重い
気分でしてね。

改めて、今日の「花子とアン」を一人で
録画で見ましたが・・・。

歩くんが、疫痢(えきり)で亡くなり
ました。

享年5歳。

これ、美輪明宏さんのナレーションにも
ありましたが、大正時代のこの時期、
たくさんの幼児がこの病で命を失った
ということです。

一度は目を開けた歩くんですが、医者は
「もう、お時間がないので、抱いてあげて
ください」と花子に言います。

・・・。

もうねえ、こういうのは、時代関係なく
ツラいですよ。

見ていてね。

仮に今の時代であったとしても、花子に
かける言葉が見つかりません。

子をなくすことのつらさ。

だれも経験したくないし、経験すべき
でもないことを、花子は経験しなければ
ならなくなった。

もうねえ・・・。

蓮さまに電報が届き、蓮さまも村岡家
に来ます。

蓮さまも何も言えません。

しかしねえ、蓮さまがそばに寄り添って、
「はなちゃん」と、優しく抱きかかえて
くれました。

抱きかかえれば抱きかかかえるほど、
涙が止まらない花子。

いいんだ。

泣いていいんですよ。

こういう時は。

涙が枯れるまで泣いていい。

涙にくれる花子も、少しは気持ちが
静まるかもしれません。

もちろん、そうそう、静まらないかも
しれません。

でも、蓮さまがそばにいてくれたことは、
いないことよりもずっといい。

こういうときは友達だからね、気持ち
を静めてくれるのは。

配偶者じゃない。

時間はかかるでしょう。

花子に「回復しろ」とは、誰も言えまい。

時間が必要です。

十分にね。

明日の放送でもねえ、早まることは
やめよう。

悲しみに暮れていて当たり前なんです。

身内の死、ましてや、我が子の死。

視聴者も、私を含め、長い目で見守り
ましょうよ、花子のことは。

こんな悲しい経験をしなければならなく
なるとは・・・。

ドラマであることは分かっている。

それでも、言わせて頂きたい。

歩くんのご冥福をお祈りいたします。


**********************************

以上です!

ちなみに、オリジナル記事は、私の
「舞台・演劇ブログ」(旧・アイドル
ブログ)の中にあります。

リンクを貼っておきますので、興味の
ある方は、ご覧下さいませ。

(コチラです。↓)

・【今日の花子とアン・20140813】花子にかける言葉が見つからない・・・疫痢(えきり)で命を失った歩くんのご冥福をお祈りいたします・・・

http://idolarayama.seesaa.net/article/403689261.html

次回もお楽しみに!



*「疫痢」について、参考になりそうな
本をいくつか紹介しておきます。↓











posted by あらやまはじめ at 20:52| 神奈川 | Comment(0) | 吉高由里子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【BSP再放送・昨日の「花子とアン」・20180213・第116話】原稿に追われる花子、海に行きたい歩くん・・・大丈夫、親なら、だれしも一度は経験していますよ、こういうことはね

お待たせしました。

昨日の「花子とアン」について、
私が姉妹ブログに記載した過去
記事を抜粋してお届けしたいと
思います。

追記なしで参ります。

では、3年半前の記事、どうぞ
ご覧下さいませ! ↓

**********************************

【今日の花子とアン・20140812】原稿に追われる花子、海に行きたい歩くん・・・大丈夫、親なら、だれしも一度は経験していますよ、こういうことはね


まず、お詫びを・・・。

昨晩放送の「あさイチ」、まだ見ており
ません。

伝さま、見たいんですがね。

なにしろ、雑事に追われ、時間がなかなか
捻出できません。

明日には見たい。

なんとかね。

さて、今日の放送ですが、原稿に追われる
花子と、海に行きたい歩くんの間のやり取り
がメインでしたね。

一度、雨でぽしゃった海水浴を、ようやく
翌週末にいけると思えましたが、原稿に
追われる花子は、寝てしまい、行けない
ことに。

お母さんとも一緒に海水浴に行きたい
歩くんはぐずります。

これねえ、この描写をあえて、ここに
挿入してくれたことに、私は感謝したい
ですね。

というのも、前作、「ごちそうさん」の
時には、このような描写は残念ながら
皆無でした。

まあ、こういういざこざはねえ、子供を
持つ親なら、だれしもが一度や二度は
経験していることでしょう。

ただね、こういう描写が全くなければ、
「おや、原作者は、分かっていないの
かな?」という、余計な念を視聴者に
抱かせかねない。

私のような若輩者ですらそうなのです
から、年配の方はなおさらそう思う
でしょう。

そういう意味では、良かった。

丁寧な作りでした。

結局、歩くん、海水浴には行かず、
ちょうど「兄やん」が来てくれて、
いろいろと相手をしてくれたこと
から、歩くんも落ち着くことができた。

こういうシーンは、ホッとしますね。

心配なのは、歩くんが、番組後半で
熱を出して倒れてしまったことです。

これねえ、確か、今週の朝日新聞かな、
「今週の花子とアン」の予定のような
ものが出ているのですが、そこで見て
しまったんですよ。

歩くんの今後を。

これはねえ、「ネタばらし」ブログでは
ありませんから、これ以上は言いません
が、ちょっとつらいなあ、見るのが。

まあ、粛々と見ないとね。

これも、人生です。

花子には、落ち込まないように、という
ことしか言えませんなあ。

落ち込むな、と言っても無理かもしれ
ませんがね。

・・・これ以上は言うまい。

明日の放送、ちょっと心配ですよ、私は。

**********************************

以上です!

ちなみに、オリジナル記事は、私の
「舞台・演劇ブログ」(旧・アイドル
ブログ)の中にあります。

リンクを貼っておきますので、興味の
ある方は、ご覧下さいませ。

(コチラです。↓)

・【今日の花子とアン・20140812】原稿に追われる花子、海に行きたい歩くん・・・大丈夫、親なら、だれしも一度は経験していますよ、こういうことはね

http://idolarayama.seesaa.net/article/403634736.html

次回もお楽しみに!



*朗読ものも聞いてみたい。↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

村岡花子/花子からおはなしのおくりもの【CD/朗読】
価格:1188円(税込、送料別) (2018/2/14時点)


posted by あらやまはじめ at 20:24| 神奈川 | Comment(0) | 吉高由里子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする




「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ
にほんブログ村

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。