2018年02月26日

【BSP再放送・今日の「花子とアン」・20180226・第127話】えっ、ももちゃんが再婚?・・・いや、そうは簡単には行きませんぞ!

お待たせしました。

今日の「花子とアン」について、
私が姉妹ブログに記載した過去
記事を抜粋してお届けしたいと
思います。

今日は予約投稿ですので、追記
なしで参ります。

では、3年半前の記事、どうぞ
ご覧下さいませ! ↓

**********************************

【今日の花子とアン・20140825】えっ、ももちゃんが再婚?・・・いや、そうは簡単には行きませんぞ!


今週の「花子とアン」が始まりました
が、今日は思わぬ展開となりました。

我らが「ももちゃん」が、村岡家に
住むことになったのはいい。

家事をやるというのだから、素晴らしい
ですよ。

こういう女性を、私も生まれ変わったら
女房にもらいたい。

そんなある日、ももちゃんが、廊下を
拭き掃除しているときに、庭から突然、
ももちゃんの手を引っ張る男が。

先日、かよちゃんの喫茶店に現れては、
ももちゃんに「似顔絵」を描いた、
絵描きさんですよ。

益田旭(あきら)というらしい。

「もうすぐ有名になる」とも。

この男、なんと、ももちゃんを描きたい
と言って、押しかけてきた。

花子が「どうして、もものことを描きたい
の?」と聞くと、絵描き、「好きだから」
だと。

ももちゃん、飛び出してしまいます。

ももちゃんは、亡くなった旦那にも言わ
れたことがないらしい。

でもねえ、こういう役柄、ももちゃん、
いや、土屋太鳳ちゃんにぴったりですな。

ぴったりですよ。

益田は、ももちゃんの似顔絵を書き
始めることになります。

そして、数日後、完成した。

それは、見事な肖像画でした。

そして、益田は、書き終わったら言おう
と思っていた、と言っては、花子と英治
に「お兄さん、お姉さん、ももさんと
結婚させてください」と。

そして、「いや、順番を間違っていま
した」と、ももちゃんの方を向いては、
「僕と結婚してください」と。

あれ、あれ?

いいのか、こんなんで?

いや、だめでしょう、これは。

ももちゃん、一言、「できません」と。

ごきげんよう、さようなら。

・・・しかしねえ、大正時代にもこういう
破天荒な画家がいたということには、
ちょっと興味を引かれますね。

まあ、私は既に「ももちゃんファン」
でありますから、素直に受け入れられ
ないファン感情があるわけですが、
ドラマであることも、大人として、
承知はしています。

画家と結婚?

花子は翻訳家で「ラジオのおばさん」
です。

相乗効果がものすごいと、今の時代で
あれば思われますが、この時代、果たして
どうか?

まあ、明日以降の展開を期待しましょう。

あまりに早い展開にちょっと衝撃を
受けましたが、「花子とアン」もあと
一か月で終了です。

こうせざるを得ないのかもしれない。

でも、ももちゃんのことは大切に
扱ってほしいね。

**********************************

以上です!

ちなみに、オリジナル記事は、私の
「舞台・演劇ブログ」(旧・アイドル
ブログ)の中にあります。

リンクを貼っておきますので、興味の
ある方は、ご覧下さいませ。

(コチラです。↓)

・【今日の花子とアン・20140825】えっ、ももちゃんが再婚?・・・いや、そうは簡単には行きませんぞ!

http://idolarayama.seesaa.net/article/404334018.html

次回もお楽しみに!



*大人になった「ももちゃん」、
土屋太鳳ちゃんのカレンダーです! ↓






posted by あらやまはじめ at 08:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | 土屋太鳳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする




「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ
にほんブログ村

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。