2017年12月24日

【BSP再放送・昨日の「花子とアン」・20171223・第78話】今日の主役は、かよちゃんです・・・とはいえ、はなにとってはつらい一日となりましたよ

お待たせしました。

昨日の「花子とアン」について、
私が姉妹ブログに記載した過去
記事を抜粋してお届けしたいと
思います。

遅れてしまい、失礼しました。

では、3年半前の記事、どうぞ
ご覧下さいませ! ↓

**********************************

【今日の花子とアン・20140628】今日の主役は、かよちゃんです・・・とはいえ、はなにとってはつらい一日となりましたよ


日をまたいでしまいました。

今日の「花子とアン」、録画したのを
つい先程見させて頂きましたが・・・。

週末のこの時間ともなれば、私は大抵、
というか、100%酔っていますので、
どうしても感情的になってしまいます。

それを承知で、どうぞ、私の感想を
お読み頂ければ幸いです。

まずねえ、はなは、英治(今日から、
村岡のことは、下の名前で呼ばせて
頂きます)が来るのをカフェーで
待っていた。

2時間。

いや、3時間も。

しかし、来なかった。

この「待つ」という行為、現代の若者
には、終生分からないことでしょう。

携帯やスマホがあれば、すぐに連絡が
取れますからね。

これ、結構、重要というか、人の人生
すら左右する問題だと思うんですよ。

個人的には、私も携帯のない時代、
そういう経験があります。

「もし、あの時、携帯があれば・・・」

人生は変わっていたかもしれない。

それを悔やみはしませんがね。

でも・・・でも、と思うことはいまだに
ある。

今の時代、携帯やスマホがあり、一見
便利なように見えます。

ですが、本当か?

本当に便利か?

すぐに連絡が取れるのは、そんなにいい
ことなのか?

「なぜ、来ない?」
「何か、あったのか?」

想像力を掻き立てられたあの頃。

今日の放送で、はなも「英治さん、事故
に遭ったのかもしれない」と言って
いましたが、私もそういう経験がある。

その経験があるかないか。

それによって、相手のことをどれだけ
考える訓練になったことか。

その経験がもはや不可能となりつつある
現代の若者は「可哀そう」なのかも
しれません。

・・・長くなりました。

さて、はなが待っている間、かよちゃん
は、村岡印刷に電話をしました。

そして、英治が奥さんを見舞いに行って
いることも知った。

でも、かよちゃんは姉のはなに言えない。

21時を過ぎ、カフェーは閉店。

かよちゃんは、はなの手を引いて、帰路に
つきます。

そして、かよちゃんははなに「なんで、
そんなに好きになってしまったの?」と
問うた。

はなは答えない。

そして、かよちゃんはついに、言います。

「英治さんは、奥さんの見舞いに行っている」

と。

はなは、「何言ってるの?」とかよちゃん
に言います。

かよちゃんは、「今まで黙っていてごめん」
と。

分かっていたのに、「お姉やん」があまりに
一途に英治のことを好きになっていたから、
言えなかった。

この時のかよちゃんの表情はねえ・・・。

これ、やっぱり、黒木華ちゃんという女優
さんは素晴らしいなあと思いました。

教えてできるものではない表情を醸し出して
いたというかね。

あれが、自然なのかな、黒木華ちゃんに
とっては。

いやあ、お見事でした。

こうして、放送が終わった後は冷静に
書いていますが、放送中は、私の涙腺は
決壊しそうでしたよ。

これも、黒木華ちゃんの「表情」の
おかげ。

もちろん、はなを演じる吉高由里子
ちゃんの表情にも感極まるものが
ありましたがね。

さて、翌日、はなが帰宅するとき、
英治は待っていて、謝罪します。

はなは「奥さんのこと、話したかった
んでしょう」と。

英治は何も言えず。

ただねえ、英治は、いや、男なら、
このような立場に置かれて、はなの
ような才能あふれる、そして、性格も
曲がっていない、純粋な女性を前に
したら、やっぱり少なくとも、応援
はしたくなるというのが人情ですよ。

恋愛感情があったとしても、それを
抜きにしても、「この子だけは応援
したい」という。

これは、男にとって、できうる限り
の「人情」というかね。

はなは「優しくしないでって、言った
でしょう」と言います。

英治は言います。

「あなたのためにできることは、それ
しかない」

と。

はなの翻訳に対する装丁のことを英治は
語りましたが、これもねえ、分かる!

どうにもならないことがあるんですよ、
男には。

英治は、今、どうにもならない状態です。

そこに現れた救世主的存在なんですなあ、
はなは。

これは、女性には絶対分からない感覚
だと思う。

私は、今日の英治の気持ちが、痛いほど
分かる。

どうにもならない。

でも、はなのような女性には、なんとか
役に立ちたい。

役に立たないわけにはいかない。

それだけの女性なんです、はなは。

でも、それをストレートには言えない。

言えない事情もある。

ああ、英治よ!

はなもつらいが、英治もつらい。

来週の予告を言いたいところですが、
今日はお腹いっぱいですなあ、もう。

そろそろ寝ますよ。

ああ、つらい!

**********************************

以上です!

ちなみに、オリジナル記事は、私の
「舞台・演劇ブログ」(旧・アイドル
ブログ)の中にあります。

リンクを貼っておきますので、興味の
ある方は、ご覧下さいませ。

(コチラです。↓)

・【今日の花子とアン・20140628】今日の主役は、かよちゃんです・・・とはいえ、はなにとってはつらい一日となりましたよ
http://idolarayama.seesaa.net/article/400519144.html

明日もお楽しみに!



*黒木華ちゃんの写真集です! ↓










posted by あらやまはじめ at 14:51| 神奈川 ☁| Comment(0) | 黒木華 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【BSP再放送・一昨日の「花子とアン」・20171222・第77話】蓮さまが村岡に「はなちゃんに、こぴっと向き合いなさい」と・・・真骨頂ですな、蓮さま!

お待たせしました。

一昨日の「花子とアン」について、
私が姉妹ブログに記載した過去
記事を抜粋してお届けしたいと
思います。

この後、【昨日の「花子とアン」】
も掲載します。

では、3年半前の記事、どうぞ
ご覧下さいませ! ↓

**********************************

【今日の花子とアン・20140627】蓮さまが村岡に「はなちゃんに、こぴっと向き合いなさい」と・・・真骨頂ですな、蓮さま!


初っ端から今日は嘉納伝助のデカイ顔
のドアップが画面に映し出されました
ねえ。

迫力あるなあ、吉田綱太郎さん。

伝助は「はなちゃんに会いに行った」
蓮さまに会いに、かよちゃんの働く
カフェーにやってきました。

はなは、蓮さまが来るとはつゆ知らず、
しかし、伝助には言えない事情がある
であろうことを察知しては、取り繕い
ます。

なんとか、その場を切り抜けたはな。

一方、蓮さまは、龍一と屋台で酒を
酌み交わします。

いいのかなあ。

その様子を影から伺う、兄やん。

うーん、やっぱり、思想統制の警察の
ような感じですなあ。

蓮さまは、龍一と会った後、はなに
会いにいきます。

そして、はなから「ふられた」話を
聞いては、憤る。

この真っ直ぐさがいいよね、蓮さまは。

翌日、蓮さまは村岡印刷に出向いては、
村岡に問いただします。

「なぜ、忘れて下さいなんて言ったの?」

村岡は言葉に詰まります。

「これ以上傷つけたくないんです」

蓮さまは勘がいい。

「あなた、何か隠してるんじゃない?」

そして、ここからが蓮さまの真骨頂です。

「ちゃんと向き合わないなんて、卑怯よ。
こぴっと向き合ってあげて」

さすがです、蓮さま。

そして、村岡はその後、はなに電話を
かけ、18時にカフェーで会うことに
なります。

つづく・・・。

明日、はなはいよいよ、村岡の秘密を
知ることになるわけですが、はなの
ことを思うと・・・。

ちょっとつらいねえ。

どう描かれるのか。

見ているこちらまで緊張します。

粛々とその瞬間を待つことにしましょう。

**********************************

以上です!

ちなみに、オリジナル記事は、私の
「舞台・演劇ブログ」(旧・アイドル
ブログ)の中にあります。

リンクを貼っておきますので、興味の
ある方は、ご覧下さいませ。

(コチラです。↓)

・【今日の花子とアン・20140627】蓮さまが村岡に「はなちゃんに、こぴっと向き合いなさい」と・・・真骨頂ですな、蓮さま!
http://idolarayama.seesaa.net/article/400415605.html

明日もお楽しみに!



*「こぴっと」スタンプもあります! ↓







posted by あらやまはじめ at 14:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | 仲間由紀恵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする




「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ
にほんブログ村

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。