2016年08月31日

【今日の「とと姉ちゃん」・20160831・第129話】常子、初のラブシーン、「爪」で演技をした高畑充希ちゃんは見事でした!・・・史実を気にする必要などありません、これはドラマ、星野と結婚すべきです!

青葉ちゃんからかかってきた電話で、
大樹くんを助けるために、慌てて
星野家に駆けつけた常子。

家に鍵はかかっておらず、常子、
「大樹くん!」と家の中に入ります。

ところが・・・目の前には星野がいました。

・・・青葉ちゃん、嘘をついてしまった
んですなあ。

青葉ちゃん、常子「おばちゃま」に
会いたくて、電話をかければ、来て
くれると思ったと・・・。

その日は青葉ちゃんの誕生日です。

いじらしいですよ。

常子は怒るどころか、大樹くんが
無事であったことに胸をなでおろし、
二人を抱き寄せます。

その様子をじっと見ていた星野。

たくさん遊んで、楽しい夜を過ごした
一同。

子どもたちを寝かせると、常子、
「では、そろそろ」と帰ろうと
しました。

星野、「お送りさせて下さい」

しかし、常子は、星野には子ども
たちのそばにいてほしいと・・・。

星野家を出た常子でしたが、星野が
慌てて、外にやってきました。

ここからの二人のやり取りは、
「とと姉ちゃん」史上、エポック
メイキングと言ってもいい時間
でした。

星野、「僕は、もう常子さんには
会わない方がいいと思っていました。
僕には妻への後ろめたさがあって、
僕は新たな人生を歩んではいけない
と、ずっと思っていたので・・・」

常子、距離を保ったまま、じっと
星野を見つめています。

星野、「でも、子どもたちには
そんなことは関係ない。とても、
常子さんのことを好いている。
そして、それは僕もです」

この「告白」には鳥肌が立ちましたね。

直接、常子に「好きだ」と言うの
ではなく、「子どもたちが常子さん
のことが好きで、それは僕も同じ」
だと・・・。

こういうセリフは、こういう立場の
男でなければ、言えません。

星野は続けました。

「もっと、会えませんか? もっと
話をさせてもらえませんか?」

常子、ついに口を開きます。

「私も星野さんのご迷惑になるの
ではないかと思っていました。
でも、大樹くんや青葉ちゃんと
もっと一緒にいたい。星野さんとも
一緒にいたい。星野さんは亡くなった
奥様のことを愛していらっしゃるから
ご迷惑になるのでは・・・」

常子が話し終る前に、星野、常子に
抱きつきました。

常子は呆然としつつも、右手を
星野の背中に回します。

爪を立てて。

・・・この「爪」も、ゾクッとしました
ね、私は。

常子、初のラブシーンは、この「爪」
に注目でしたよ。

あの「爪」を見ただけで、常子が
いかに星野のことが好きなのか、
セリフはなくても一目瞭然でした
からねえ。

「爪」で演技をする常子、いや、
高畑充希ちゃん。

見事でした。

その後、帰宅した常子は、君子と
美子に星野家での出来事を話し
ますが・・・。

夜、一人で髪をおろして、櫛で
といていたシーン、あれも良かった
ですねえ。

あんなに色気のある常子は、129話目
にして初ですよ。

今日の放送の最後、「アカバネ電器」の
社長がステーキを食べながら、社員の
話を聞くシーンがありましたが・・・。

今日はもういいでしょう、「アカバネ
電器」は。

常子と星野の会話の余韻に浸りたい。

史実では、常子のモデルとなった
大橋鎭子さんは生涯独身でしたが、
これは「とと姉ちゃん」です、
ドラマです。

もう、あまり史実に忠実でなくても
いいんじゃあないですか。

ここまで来たら、常子と星野は結婚
すべきです。

というか、あの流れなら、現代なら、
即「ベッドイン」ですよ、はっきり
言って。

結婚には勢いが大事です。

勢いがなければ、結婚はできません。

もう、来週の放送とかで結婚でいいん
じゃないですか。

視聴者もそれを望んでいるだろうし。

8月も今日で終わり、明日から9月です。

「とと姉ちゃん」の放送も残り1ヶ月。

この二人の関係がどこまで深くなって
いくのか、最後まで見逃せませんよ、
これは。


*大橋鎭子さんの「史実」については、
コチラをどうぞ! ↓





*「暮しの手帖」もご一緒に。↓




posted by あらやまはじめ at 12:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 高畑充希 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする




「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ
にほんブログ村