2016年04月30日

【今日の「とと姉ちゃん」・20160430・第24話】「國史 再試験」で、常子は中田綾に次いで、二位に!・・・えっ、鞠子の制服が盗まれた? 犯人はだれ?

再試験のため、常子は綾に勉強を
教えてもらうことになりました。

しかし、常子、森田屋の手伝いを
しながらの勉強です。

つい、ウトウトとしてしまいます。

そんな中、綾が森田屋の二階の常子
たちの部屋に来たとき、お茶を入れに
来た君子に「不正を晴らすために
猛勉強している」ことを、なんとなく
漏らしてしまいました。

そして、その会話を、部屋の外で
美子が聞き耳を立てていました。

その美子の様子を見た大将が声を
かけると、美子は大将に耳打ちを・・・。

大将は、店の手伝いをしようとする
常子に「いいや、手伝わなくて」と
告げます。

大将、「勉強しないといけないんだろ?」

大将は「うちの下宿人が疑われると
いうことは、森田屋が疑われるという
ことだからな」とは言っていましたが、
これは大将一流の照れ隠しだったと
思いますよ、私は。

こういう話はすぐに伝わります。

隈井は大将からその話を聞くと、
すぐに滝子に報告しました。

滝子、「ふーん。森田屋の連中が
常子のためにねえ・・・」

常子は眠い目をこすって、勉強します
が、つい、ウトウトしてしまいます。

しかし、君子が夜もがんばって、店の
手伝いをしている様子を見ると、
「よし!」と気合を入れ直しては、
机に戻りました。

いいシーンでしたね。

さて、再試験の日。

黒板には「國史 再試験」と書いて
あります。

当時は「歴史」、というか、「日本史」
の授業を「國史」と呼んでいたんです
なあ。

綾が「試験に出る」と言っていた、
応仁の乱に関わる人物、確かに試験に
出てきました。

翌日、結果が発表されました。

この当時は、順位を発表していたん
ですなあ。

いいことです。

今は、順位が発表されないばかりか、
個別に渡される試験結果にも順位は
載りませんからね。

少なくとも、神奈川の中学校では。

三位まで発表され、先に一位が発表
されました。

「中田さん」

綾が一位でした。

そして、二位は・・・。

「小橋さん」

常子です!

クラス中がガヤガヤしましたが、
先生が「不正はなかった」ことを
きちんと証明しました。

「中田さんは応仁の乱の箇所を
間違えていた。小橋さんは当たって
いた」

帰り道、常子は綾に聞きます。

「あれ、どうして間違えたの?」

綾、「まさか、本当に出るとは思わ
なくて」

・・・いや、これは綾の「愛情」と感じ
ましたね、私は。

そして・・・常子は「約束を破って」、
綾と試験後も話をすることとなり
ました。

いい友達ができて、何よりですよ。

さて、そんな中、また「事件」が
起きます。

鞠子、「制服がなくなった!」

つづく・・・。

次週に持ち越しとなりましたが、
これ、ガイドブックを見ている人
には、もう「犯人」は分かって
います。

当ブログでは、あえて言いませんが・・・。

次週の「お楽しみ」としておき
ましょう。

明日は【今週の「とと姉ちゃん」】を
お送りします。

こちらも、どうぞ、お楽しみに!


*ガイドブックはコチラです! ↓

とと姉ちゃん(part1) [ NHK出版 ]
価格:1188円(税込、送料無料)






posted by あらやまはじめ at 14:40| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 高畑充希 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする




「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ
にほんブログ村