2015年10月31日

【今日の「あさが来た」・20151031・第30話】はつが妊娠? しかし、惣兵衛は・・・あさの九州行きに猛烈に反対する新次郎は、ちょっと唐突でしたなあ、なぜ?

今日の「あさが来た」は、思いもかけず、
めまぐるしい動きがありました。

ちょっと、見ていきましょう。

「びっくりぽんな、かっぱ」は、やはり
「ビッグなカンパニー」のことである
ことに、五代はすぐに気付きました。

正吉、「この加野屋、謹んでお手伝い
させて頂きます!」

喜ぶ五代、右手を正吉に差し出せば、
正吉もついに握手!

ようやく、握手の意味が分かった瞬間
だったでしょう、正吉にとっても。

あさも笑顔でそんな二人を見守ります。

加野屋が五代に賛同したことにより、
他の商人たちも次々に参加することと
なりました。

一方、はつは、作業をしながら、右腕
を気にしています。

誤って惣兵衛が刺してしまった傷。

惣兵衛は、行商の際、塗り薬を買って
きては、はつの右腕に塗りました。

いいシーンでしたね。

惣兵衛がだんだん「いい男」に見えて
きましたが・・・。

場面は、加野屋に変わります。

あさが「石炭、石炭」と口にしては、
周囲からあきられています。

いつしか、あさはうめと一緒に、はつの
畑仕事を手伝うようになっていました。

はつはあさの石炭への興味について
理解を示すも、「旦那様の言うことは
聞かんと」と忠告します。

そんな折、あさは、一家の食事の際に
「九州にいっぺん行ってみたい思うん
です」と告げます。

ここで、驚いたのが新次郎の猛烈な
反対です。

新次郎、「あかん! そんなこと、
あらしません。あかん言うたら、
あかん!」

何があったのだろうか、新次郎に?

この猛烈な反対は、ちょっと唐突
でした。

なぜそこまで新次郎があさの九州行き
に反対するのか、理由が分かりません。

新次郎の父・正吉は理解を示しますが、
母・よのは「どうしても行きたいなら、
新次郎と離縁してからや」と反対します。

「お母ちゃん、ええこと言うな」と
新次郎は出ていってしまいます。

よのが反対するのは分かるんですがねえ。

場面が「寄合所」に変わります。

五代、大久保利通に「横浜行き」を
命じられることになりました。

激しく抗議する五代。

その様子を、たまたま伺おうとして
いたあさが聞いていました。

次の集会が会ったとき、あさが指摘
すると、一同は驚きます。

五代、「この五代才助、きっと大阪に
帰ってきます!」と宣言します。

行くことが既に決まってしまったのか。

これも、ちょっと唐突でした。

また、その様子を陰から新次郎が見て
いたのも、不可解でしたねえ。

なぜ、新次郎がそこにいたのか?

ラストシーン。

はつが、火を焚いている時に、倒れて
しまいました。

心配して駆け寄る義父・栄達。

義母・菊はすぐに分かりました。

「ややこや。ややこができましたんや」

しかし、菊はいつも一言多いんです。

「こないな時に・・・」

「どないな時」ならいいのか?

はつは、惣兵衛に知らせようと探しに
行きます。

ちょうどあさも訪ねてきました。

一緒に惣兵衛を探しに行きますが・・・。

その日から、惣兵衛は行方をくらまして
しまいました。

つづく・・・。

せっかく、はつが妊娠したのにねえ・・・。

予感がしていたのか、惣兵衛は?

「いい男になってきた」と思っていたら、
いなくなるんですからねえ・・・。

さて、来週の予告です。

テーマは「妻の決心、夫の決意」です。

来週は「炭鉱の持ち主」役で、木村佳乃
さんが登場します。

炭鉱経営に興味を持ち始めたあさに、
彼女は何を語るのか。

また、消えてしまった惣兵衛はどこに?

これも、一つの見どころですな。

明日は【今週の「あさが来た」】を
やります。

こちらもどうぞ、お楽しみに!



*あさと五代の関係性について書かれて
います。↓

posted by あらやまはじめ at 13:48| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 宮アあおい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする




「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ
にほんブログ村