2015年08月31日

【今日のまれ・20150831・第133話】紺谷かおる? ひし美ゆり子さんと結婚? 橋本マナミさんが娘? いやはや・・・しかし、「ふみさん劇場」は、聞きごたえがありましたね

まずは、今日の「あさイチ」の話題から
少し。

明日から9月ということで、東京都などは
新学期が始まりますが、統計ではこの日が
少年少女の自殺の数が一年でいちばん多い
そうです。

なんとも、悲しいデータではありますが、
現実にも向き合わないといけません。

番組に川崎市のNPO法人の方が出ていました。

不登校の学生たちにフリースペースを提供
している方です。

これ、非常に興味深かったので、後程、私の
「神奈川・川崎ブログ」で取り上げたいと
思います。

で、今日の「まれ」ですが、いよいよ「最終
章」に入ったという感がありますねえ。

時は2014年秋。

希の娘の歩実ちゃん(横山芽生ちゃん)と
息子の匠くん(小山春朋くん)は、それぞれ
6歳に成長。

塗師屋では、二人がドタバタ走ったりして、
場所が狭くなってきました。

弥太郎と話し合いをする希と圭太。

弥太郎の傍らには、とある女性が。

見れば、ひし美ゆり子さんです。

なんと、彼女と弥太郎は結婚すると!

しかも、彼女の娘が、弥太郎の「愛人」と
思われていた橋本マナミさんですよ。

いやはや。

いいなあ、自由で。

そして、「弥太郎」の名前を圭太に譲った
ため、弥太郎の本名が「かおる」である
ことも初めて知らされました。

紺谷かおる?

かおる?

うーん・・・どうなんですかねえ。

中村敦夫さんの「弥太郎」としての
イメージはかなり強かったですからねえ。

「かおる」かあ・・・。

まあ、いいや。

で、弥太郎、いや、かおると話した希と
圭太は「近くで借りたらどうや?」と
言われます。

しかし、桶作家にその話が行くと、文が
「ほんなら、うちに来たらどうけ?」と。

桶作家は大賑わいになりました。

時は2015年4月。

希のケーキ屋「プチソルさん」がオープン
して8年目。

地元に愛される店になり、今日の放送では
「北陸新幹線開通記念ケーキ」なんていう
のも売られていましたなあ。

もはや、最近の出来事ですよ、舞台は。

そういえば、徹が紙芝居に登場していました
なあ。

「ふみさん劇場」で。

文の語る徹は、これ、全編通して聞いて
みたいものですね。

実に聞かせてくれましたよ。

今日の放送では、各登場人物の7年後が
うまく描かれていましたね。

洋一郎は、EXILE風になりましたね、
見た目が。

高志はドラマに出演していました。

みのりは二人目の赤ちゃんがそろそろ
生まれると。

徹はまだ帰ってきていませんが、藍子は
夜日記を書いては、しおりに、徹も含めた
一家の写真を挟んでいます。

「徹さん、おやすみなさい」と言って。

けなげだよねえ、藍子は。

さて、場面が希の店に変わります。

一人の若い女学生が、希の店によく来る
ようになりました。

沢沙耶というその女性は、飯豊まりえ
ちゃんという女の子が演じています。

ちょっと気になって調べたら、まだ17才
なんですね、この子。

いやあ、次から次に出てくるものですねえ、
新たな人材が。

この子は、今週の一つにキーになりそう
です。

最後、希の娘の歩実ちゃんと、息子の匠
くんの性格の違いが、かわいらしく描かれ
ていましたね。

匠くんの夢は・・・。

つづく・・・。

7年も経てば、一話に詰め込むのが大変
です。

おかげで、今日の当ブログの記事もいつも
より長くなってしまいました。

まあ、展開上、仕方がないのかもしれません
が、ちょっと「飛ばし過ぎた」感はあります
ねえ。

ちょっと、今日はお腹がいっぱいです。

明日は、少し余裕のある放送を期待したい
ですね。



*ひし美ゆり子さん、私なんかは、やっぱり
このイメージですねえ。↓




posted by あらやまはじめ at 11:00| 神奈川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | まれ・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする




「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ
にほんブログ村