2015年03月31日

【今日のまれ・20150331・第2話】「揚げ浜式塩田」に目を輝かせる希は、「地道にコツコツ」・・・大泉洋さん演じる父・徹の「反面教師ぶり」は、子育ての参考になる?

すっかり、心をわじづかみにされました
よ。

「まれ」

第2話にして、既に私は引き込まれて
います。

まずは、今日の放送を振り返ってみま
しょう。

ちなみに第一週のテーマ、昨日記載し
忘れていましたが、「魔女姫バースデー
ケーキ」です。

魔女姫?

希のこと?

まあ、それは、おいおい分かること
でしょう。

塩田にすっかり魅せられた希は、自らも
ノートにメモを取り、手伝いを始めます。

「揚げ浜式塩田」というんですね?

これは、現在は能登の方でしかされて
いない製法だそうです。

勉強になりますね。

しかし、この塩田作りに目を輝かせる
希の表情はいいですね。

松本来夢ちゃん。

将来有望な女優さんだと思いますよ。

あの目の輝きだけでもね。

希は、手間暇かけて、最終的に塩が
できるまでに1ヶ月はかかることを
知り、「地道すぎる!」と感動します。

「地道にコツコツ」、これが希の
モットーです。

「地道にコツコツ」

なぜ、10歳の希がそう思うようになったか。

父・徹が「反面教師」となったからです。

大泉洋さん演じる、この徹ですが、まあ、
「いまどき、いるか、こういう父親?」
と言った感はありますねえ。

いや、いるんだろうなあ。

私の「子育て」とは完全に真逆です。

私は、少なくとも、「しっかりしよう」
と思って、子育てを続けてきましたし、
今も続けているつもりです。

が、希は少なくとも10歳で、ここまで
しっかりしている。

これも、今度中二になる我が娘とは
エライ違いです。

ここまで「ダメっぷり」が前面に出ると、
子どもがしっかりするんですかねえ。

いやはや、子育てに正解はないと思い
ますが、参考になるんだか、ならないん
だか。

これには、常盤貴子さん演じる母・藍子
が、いい触媒になっているという要素も
あるんだと思いますね。

この藍子も、しっかりしているんだか、
していないんだかまだ分かりませんが、
少なくとも「胡散臭くは見えない」。

見知らぬ土地である能登でも、どこでも、
受け入れられそうな感じの人ではあり
ますね。

実際に、今日は家探しに出ていき、
先日村役場で会った人たちに美容室で
再会しては、気に入られ、野菜や魚を
分けてもらいます。

野菜や魚を、皆で分ける文化。

その土地ならではの慣習に、藍子は希に
「お金がなくてもやっていけるかも
しれない」と希望を話します。

しかし、そこへ父・徹の声が。

塩田作りの桶作元治に「金持ち相手に
売れば、もっと儲かる」という話を
しては、突き飛ばされます。

元治の妻・文からも「あんたたち、
出ていって」と言われる。

希は徹に「お父さんはどうしてそうなの?
どうして、楽して儲けようとするの? 
お父さん、嫌い」と涙ぐんでしまう。

その様子を文が伺っている。

つづく・・・。

そういえば、今日の放送で、希が相撲を
取る、いや、取らされる場面がありました。

子ども相撲。

これ、90年代でしょう?

今でもあるのかなあ。

私は「大相撲ブログ」を別途連載しており、
相撲と聞くと、何かと気になるのですが、
ひょっとして、石川県出身の元横綱輪島
さんの影響などもあるんですかね。

それだけ、相撲が盛んということは。

これ、個人的に調べてみようかな。

それはさておき、明日の第3話も早速
気になっています。

こういう苦境であるにもかかわらず、
目を輝かせている希。

「夢を持たず、地道にコツコツ」

新たなヒロイン像に、私はすっかり虜
ですよ。

明日の放送も粛々と、いや、明るい
気持ちで期待しましょう。



*今日あたり、買いに行かないとね、
このドラマガイド。↓


posted by あらやまはじめ at 09:20| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | まれ・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする




「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ
にほんブログ村