2015年02月28日

【今日のマッサン・20150228・第126話】エリーにとって、「物言えば唇寒し秋の風」だったのか・・・そんな折、一馬に召集令状、赤紙が来るとはねえ・・・

今週の「マッサン」のテーマは、
「物言えば唇寒し秋の風」でした。

これは、エリーにとって、ということ
だったんですねえ。

おそらく。

今日の放送は、言葉は悪いですが、
ちょっと「拍子抜け」でした。

エリーはエマちゃんに「なぜ、一馬との
恋愛を認めたくないのか」、理由を話し
ました。

「お母さんには、お父さんと出会う前
に、結婚を約束している人がいた」

ジョージ。

そのジョージは、第一次世界大戦で
戦死してしまった。

「一馬も戦争に行くかもしれない。
エマにお母さんとは同じ思いをさせたく
はない」

エマちゃんはエリーの気持ちが分かり
ました。

「ありがとう。話してくれて」

しかし、エマちゃん、「だけどね、私は
一馬さんのことが好きなの。死に別れる
ことを考えるより、今を生きる。人生は
冒険だって教えてくれたのは、お母さん
でしょう?」と。

エリー、「エマ、あなたの言うとおりね」

エリーにとっては、トラウマのような
体験だったのでしょうが、ちょっと何か
に取りつかれていたような気がしますね。

「娘に教えられた」のかもしれませんが、
ここはエリーの思考回路が日本人とは
やっぱり違うということを、視聴者も
改めて感じたんじゃあないですかね。

Life is an adventure.

亀山家の家訓。

エマは、喜んで一馬に報告に行きます。

しかし、その喜びも束の間、一馬の
ところに召集令状が、赤紙が来てしまう。

来てしまった。

つづく・・・。

来週の予告。

テーマは「親思う心にまさる親心」。

これもまた深い諺です。

子供を持って、初めて分かることでも
あります。

叫ぶシーンがいくつか予告で流されて
いましたが・・・。

つらいなあ。

つらい時代です。

粛々と明後日の放送を待つことに
しましょう。

明日は、【今週のマッサン】、やります。



*いよいよ、残り4週ですよ! ↓

posted by あらやまはじめ at 13:23| 神奈川 | Comment(0) | TrackBack(0) | シャーロット・ケイト・フォックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする




「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ
にほんブログ村